■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長い間ご愛読ありがとうございました。
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
このfc2でのブログをとうとう閉じることにしました。
これまでのコンテンツはいとう石材のHPのブログにすべて移動します。

fc2のテンプレートは私のブログにぴったりのデザインだととても気に入っていました。
思えば2006年、長女が1才の頃から始めたブログ。
長文を書くこともいとわず、ほんわかした体験、地域の紹介、時にちょっと考えさせられるようなネタについても書かせていただきました。

mixiやtwitterにもリンクしていましたが、最近ではもっぱらfacebookで直接、気軽に近況をアップしたりして、
ちょっと遠のきつつあったブログ。
思い切って石屋ネタは石屋のHPにまとめることにしました。
子どもも3人になり、まだまだ手がかかる年頃でおもしろいですが、
個人的な話はfacebookのほうを中心にするかもしれません。
でも今後も石屋HPのおかみブログで「石」と「地域」について、日々感じたことや出会いなどを書き続けていくつもりです。

今までfc2でのご愛読ありがとうございました。
引き続き、石屋HPでお会いしましょう。

石屋HPでのおかみブログはこちら。→「石屋のおかみの八ヶ岳絵日記Ⅱ」

スポンサーサイト
石あるく | 23:48:45 | Trackback(0) | Comments(0)
子授け地蔵さま、ここにいます
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
子どもが授からなくて悩んでいる夫婦の駆け込み寺、「子授け地蔵」。
山梨市牧丘町の焼山峠というところに、そのスポットがあります。
昔のいいつたえをもとにした民間信仰で、そこにあるお地蔵様を家に連れて帰ると、赤ちゃんを授かるというもの。
授かったら、そのお礼にもともと連れてきたお地蔵様に加えて、もう1体新しいお地蔵様を置いてくる習わし。
このご利益がすごいらしく、お地蔵様がいまだにどんどん増えているらしいのです。
 
以前、うちの店にもこの峠をお参りしてお地蔵様を連れて帰ったら、めでたく赤ちゃんを授かったという方が来て、店頭にあるお地蔵様を買っていってくれたことがありました。
それからも3~4組、続出。
 
そして、今日また若いご夫婦が。
かわいらしい女の子を連れて、お地蔵様を連れに来てくれました。
5年も授からなかったのに、お地蔵様を連れて帰ってわずか1か月で、妊娠できたそうです。
すごいパワー!
 
牧丘と小淵沢は同じ山梨といえども、車で1時間以上かかるところです。
牧丘のそばにある塩山という町では、昔は上質の甲州御影石がとれたので石屋さんもたくさん集まっているのに、なんでわざわざこんな北の果ての石屋まで??
今日のお客様も笛吹市一宮町で、塩山は比較的近いけど、北杜市とはかなり離れているのに・・・。
 
どうやら、私がいままでに2度ほど書いたブログが検索でヒットしたことと
近くの石屋では一体10万円、という品質のものしかなかったのが理由だそうで。
確かに作家クラスの職人さんが作ったいいものは10万円だって安いくらいかもしれませんけど、
ちょっと気軽に気持ちの落ち着くものを手元に置きたいことだってありますよね。
だから、うちではいろんな価格帯のものをもともと置いてありました。
 
photo20120811-2.jpg
左から9,000円、7、500円、6,500円(現品限り。同じものをこれから入荷するなら、中国製品価格高騰につき2~5割増になってしまいます)
 
晴れやかな顔のご夫婦と、かわいいかわいい赤ちゃん。
おめでとうございます!お健やかに。
photo20140811-1.jpg

いつか、うちにいたお地蔵様を連れて帰った別のご夫婦が、またうちに別のお地蔵様連れに来てくれるといいなぁ。

石あるく | 23:18:53 | Trackback(0) | Comments(1)
うさちゃん弁当のゆくえ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
Kuhの保育園の準備をしていたら、先に準備ができて外で待っていたTazが半狂乱になって戻ってきた。
「おべんとう、水の中におとしちゃったー!!」
水たまりのことだろうか。

「じゃあ拾っておいで、あたらしいごはん入れてあげるから」
「だめなの、Tazじゃとどかないんだもん、どうしよう、おかあさんたすけて」
?マークが渋滞する。
ナプキンで包んでリュックに入れたはずのおべんとうが、どこに落ちたって?

小淵沢の保育園ではアルミの弁当箱に白ご飯だけ入れて持って行くことになっている。
保育園の決まりで、弁当の中身は白ご飯だけ。ふりかけや梅干などを添えてはいけない。(玄米、雑穀米はOK)
Tazはそれを承知の上で、敢えて校則(園則)違反を犯す。
海苔でうさぎちゃんを切って、ごはんの上に乗せたらしい。
(最近切り絵にはまり、これが5才にしてはけっこう緻密に器用にできるものだから)
そしてそれをもう一度見たくて、わざわざ包んである弁当箱を外であけ、運悪く手がすべって田んぼの水路に落ちてしまったのだ。

通園路を1分ほど歩き進んだところにある貯水槽。確かに手を伸ばしても届かない。
弁当は無情にも、うさぎちゃんの海苔切り絵を上にしたまま、転がっている。
「なんでこんなところでお弁当を開けたりしたの」
「ごめんなさいごめんなさい」
IMG_8861.jpg
IMG_8863.jpg

あまりのバカバカしさに怒る気も失せて笑いだしてしまった。そーかー、嬉しかったんだろーなー、ひそかにうさぎの海苔が入ってるのが。

「おかあさんでも届かないよ。どうしようかな…」
大人の感覚からすれば、面倒だからこのまま放っておきたいところなのだが、やはり不燃物を水路に置き去りにするのはまずかろう。ほんとに流れていかないうちに、一応弁当箱はすくい上げておかなければ。
で、おもちゃのマジックハンドがあることを思い出した。
IMG_8864.jpg

「あ、ガッチンガッチン!そっっか!」とTazの顔が一転。
ガッチンガッチンことマジックハンドによって、アルミ弁当箱は無事取り上げられた。
「おかあさんありがとう!!!」
でもまだ水路にむかって
「うさちゃんごはん…」と未練がましい。

台風一過。
今日もコピっとがんばれし、Taz!
IMG_8865.jpg


子育て | 15:28:10 | Trackback(0) | Comments(0)
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
富士見で「高原野菜グルメサミット」開催中~♪
信州富士見の新鮮野菜や特産ルバーブ、トマトを使った、各店イチオシのひとしなが16のお店でいただけます。
今日は和洋菓子泉屋さんで「ルバーブシュークリーム」をゲット!
あまずっぱいルバーブジャムとルバーブクリームが、香ばしいアーモンド風味のシューの中に入って、濃厚カスタードも添えられています。
写真は泉屋の進藤さん。若おかみさんです。このかわいいおよめさんのようなシュークリーム(#^.^#)
ルバーブシュー1

せっかくなので、あと2品ケーキを買って、おいしいコーヒーを入れてくれそうな人のところへ遊びに行きました。
富士見駅前のもろずみ鉄木堂さん。
ルバーブシュー2

本業は一級建築士、まちづくり設計、金物などの道具屋…と職業だけでもいろんな特技をお持ちなのに、草筆書道や彫刻、おまけにボサノバやジャズにも詳しくて自らも「サウダージもろずみ」という芸名で歌ってしまうという、多芸な人です。
今年の7月と10月に富士見駅前でジャズストリートを開催するという計画。

そんな、熱い富士見ネタがたっぷり拾えた半日でした。

もろずみさんにジャズピアニスト、ビル・エバンスのCDをいただきました。
雨の日にぴったり。

石あるく | 00:20:42 | Trackback(0) | Comments(2)
甘利山の貼り石に再会
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
今日は甘利山の自然を守る活動をするボランティアグループ「甘利山倶楽部」を取材するため、初・甘利山登頂してきました。
登頂、といっても1600mの駐車場からほんの15分。
こんなに手軽で近い山頂なのに、そこからの眺めは絶景!
甲府盆地、富士山が一望できる・・・はずなのです。
今日は雨のため霧に包まれた甲府盆地でしたが、きっときっと晴れの日にまた来よう!と固く自分に誓ったのでした。

駐車場から見た風景。わかるかな・・・ 虹が下に見えてます!
甘利山-004

甘利山の最大の魅力、自生するレンゲツツジ10万株。
甘利山-001
でも30年前と比べてその数は激減し、自然体系が破壊されてきているのだそうです。

甘利山の駐車場から5分ほど登った東屋に、10年ほど前施工した貼り石があると、夫から聞いていたので、今日は念願のご対面。
10年以上の時を経て、やっと完成施工写真を撮りに来ることができました。
甘利山-002
甘利山-003


石あるく | 22:41:45 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。