■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
はつらつシルバーで笑いヨガ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
区の福祉部としてのお役目、「はつらつシルバー」、今年度最後の催しをしました。
今回はさむーい冬に備え、体も心もあたたまるエクササイズ、「笑いヨガ(ラフターヨガ)」です。

講師の先生に芝川美代子さんをお招きしました。
ラフターヨガインターナショナル認定のティーチャーで、小淵沢生涯学習センターで「八ヶ岳ラフターヨガクラブ」を主催されています。
ご夫婦でラフターヨガをされていて、今回はアシスタントとしてご主人のマタさん、えっちゃんさん、さんちゃんさんも一緒に来てくれました。
はつらつ-6
山梨県でのラフターヨガクラブはここ八ヶ岳が最初なのだとか。
雄大な山々ときれいな空気の中での活動はラフターヨガにぴったりです。

さて、あらためて「ラフターヨガ」って?
ラフターヨガとは笑いのエクササイズとヨガの呼吸法を組み合わせた健康法。
声を出して笑うことで、深く呼吸し全身の筋肉を動かすことができます。
ポイントは「子どものような遊び心」。
何かをネタに笑うのではなく、ただ相手の目を見て、笑う。
笑顔が笑顔を伝染させる。
笑いは全身運動でもあり、免疫力を高める効果もあるそうです。

このブログでもご紹介したことがありますが、もう3年も前になるんですね。
http://isiark.blog59.fc2.com/blog-entry-499.html

ほとんどの人が初めての体験、という参加者の皆さん。
それでも皆さんとてもマジメに(?)大笑いに取り組んでくれました。
はつらつ-3
はつらつ-4
はつらつ-1
はつらつ-2

最初は発声と基本ポーズから。
「ホッホッ、ハハハ、ホッホッ、ハハハ、やったーやったーイェーイ、いいぞーいいぞーイェーイ」
これだけでも、普段ならとっても恥ずかしく感じるところですが、みんなでやるからこわくない!
基本を覚えたら、いろんなバリエーションの笑いエクササイズを。
20種類くらいもやったでしょうか。間に説明を加えながらで、それが適度な休憩にもなるので、
無理なく飽きずにしていただけたようです。
盛り上がったのは「ラフタークリーム」。
体のあちこちにクリームを塗りあいっこするまね。クリームを塗られたところに笑いのブルブルがおきるのです。
これはなかなかハード!でもなんとなくシェイプアップにつながったような。

さて、今回のはつらつシルバー、もうひとつのお楽しみはお食事。
食生活改善推進員(しょっかいすい)さんが手作りのお料理を作ってくれました。
しょっかいすいさんは市で研修を受けて、その名のとおり、食生活を正しく見直すメニューを実践してくれます。
今回は、災害時でも調達しやすい食材として缶詰や干し野菜を使い、あまり手を加えなくても温かく、またはいい味付けだったり必要な栄養素が取れたり、といった料理を作ってくれました。
はつらつ-5

・れんこん豆腐のあんかけ
・鮭缶のちゃんちゃん焼き風
・みかん缶と干し野菜のフルーツサラダ
・スキンミルク入り洋風すいとん
・ごはん


年4回行ってきた高齢者の集い「はつらつシルバー」も今年度はこれで最後。
関係各所への連絡、資料のとりまとめ、実施と報告・・・。
当日はお手伝いもあるとはいえ、けっこう煩雑な作業の連続。
はりきりすぎて他のスタッフから引かれることもしばしばだけど、
参加者の皆さんの笑顔に救われています。
来年はどんな笑顔に出会えるかな。




スポンサーサイト
食事とからだ | 23:02:39 | Trackback(0) | Comments(0)
家族のロールケーキ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
夫は用事で町に出ると、よくデパ地下でロールケーキを買ってきてくれます。
ふだんは子供たちには「甘いものはだめ!」と言い聞かせてますが、
お父さんが出かけたときくらいはいいか、ということで、
いつしか我が家では出張土産はロールケーキになりました。

なんでロールケーキなのか、夫に尋ねたことがあります。
ちなみに私はチョコベースで美しく飾られたデコレーションケーキがすきなのですが・・・。
理由は「安いから」だそうです。
なるほど、三角や丸のカットを5つ(Kuhにはあげないから4つでいいかも)買うと、
だいたい1個350~450円くらいだから合計1500円以上。
ホールのデコレーションケーキはさらに高くて、平均2500円以上。
それに対してロールケーキは1本で700円くらいから高くても1200円くらい。

それぞれに合わせて好きな大きさで切れるのもいい。
持ち運びにあまり苦労しないのも大きな理由。何せ満員電車や長距離バスで帰るので。
加えて、夫自身がふわふわスポンジの部分が好きで、クリームはあまり欲しくない。

ナルホド・・・。ロールケーキ、使えるじゃん。

そういうことで、今日は私が用事で横浜に来ていたので、
帰りにデパートでロールケーキを買って帰りました。
横浜らしいブランドの「ありあけ」の「横浜ハーバーロール」。
やさしいはちみつスポンジにマロングラッセと餡入り生クリームを巻いてあります。
もうひとつ「黒船ハーバーロール」というものもあって、
こちらはほろにがショコラスポンジにショコラクリームとバナナ、餡を巻いたもの。
私的にはこっちのほうが好みだったけど、今日は「横浜ハーバー」を買いました。
横浜ハーバー

家族の、たまの、小さな楽しみです。

食事とからだ | 00:38:08 | Trackback(0) | Comments(0)
フルーツアートでセレブなティータイム
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
フルーツアートのワークショップに行ってきました。

フルーツアートというのは、果物をアート感覚で美しく盛り付けたもの。
大泉に別荘がある知り合いのたあぼうさんが講師。
たあぼうさんはフルーツアート協会認定のクリエイターで、最近八ヶ岳のあちこちでワークショップを開いてくれています。
今回は原村のペンション「われもこう」内のランチカフェ「虹カフェ」さんで。

チラシやフルーツアートクリエイター協会HPの写真を見ると、ほんとにうっとりするような美しさで、
まず、自分でやれる、なんて思いもしません。
が、たあぼうさんは今日初めて挑戦するド初心者にもできる、超簡単なテクニックを教えてくれました。

会場の虹カフェさんに行ったら、素材となる果物が用意されてました。
これだけでもわくわくします。
fruitart1.jpg

簡単な自己紹介のあと、まず講師のたあぼうさんがその場で作品づくりを。
「フルーツアートはペティナイフ1本で、すぐにできるアートで、
ふだん捨ててしまうような皮なんかも飾りで使ったりしながら
楽しくおもてなしの心を表現するものです。
目で楽しんで、心もおなかも満足できるのがいいですね」
などと説明してくれながら、クルクルとナイフをうごかし、
あっという間にこんな作品が生まれました。
fruitart2.jpg
わあぁあ♪ 一同感嘆の声。

では、やってみましょう。
fruitart3.jpg

作ったのはオレンジカップとバナナボート。
fruitart4.jpg
オレンジもバナナも比較的いつでも手に入りやすいもので、おすすめの素材だそうです。
皮をうまくつかって、立体に盛り付けるだけで、十分絵になります。
やってみたら、けっこうすぐできちゃいました。

ちょっとこうやってほんの少し工夫するだけで、
食べやすいし、場が和むし、量もすくなくていいし、みんなハッピーです。
みんなのを合わせると、迫力~!
ホテルのディスプレイみたいです。
あまった果物は紅茶の中に入れて、フルーツティーとして楽しみました。
fruitart5.jpg

会場の虹カフェさん(ペンションわれもこう)も素敵すぎました。
ハーブやお花がいっぱいのガーデン。
こういうお庭には石が似合う。
鉄平石の使い方も素敵です。
fruitart7.jpg
fruitart6.jpg


食事とからだ | 23:06:17 | Trackback(0) | Comments(0)
やまといも、おそるべし
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
お客さまから立派な大和芋をいただきました。

すりおろすと、どっしりとしたねばりでとろろごはんにぴったり。
「おいしそー」と喜んだのもつかのま・・・
1才5ヶ月のKuhに与えたところ、食べ終わった瞬間に火がついたように泣き出しました。

同じタイミングで、私の手もものすごい痒み。
しまった、そうだった。
長いもや里芋のたぐいは生で直接触ると痒くなるんだった・・・。

すでにスプーンで上手に口にいれられるようになったTaz(3才)はなんともなかったのですが、
豪快に手づかみしていたKuhは直撃されました。
太ももや手首、首から胸にかけての広範囲多箇所に赤みがでていました。

悪かったなぁ。かわいそうに・・・。
でも微妙にしょうゆの旨みがきいたとろろ飯が、おいしかったらしく、痒みで絶叫しながらもおかわりを要求。
懲りないやつ。
調べたところ、酢水で冷やすといいとか。


20分ほどでかゆみはひいたらしく、落ち着きました。
やれやれ。
無知な母でごめんよ。
kuh0427.jpg

食事とからだ | 01:15:23 | Trackback(0) | Comments(0)
2011ボジョレーと白州塩サイダー
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
ボジョレーヌーヴォーの解禁日は11月第3木曜日。
我が家ではワケあって一日前に楽しめます。
(ワケもなにも、いとしの久保酒店おやじさんが仕入れてすぐに連絡をくれるから。
どうやら酒屋業界には一日前に入荷するらしい。)
今日は仕事で帰宅が8時を過ぎてしまいました。
でも大丈夫。事前に買っておいたちょっと高級レトルトと冷凍食品でにわかディナーを用意します。
ありあわせの野菜を素揚げにして。
グラスは、八ヶ岳自然文化園のクラフトフェアで出会ったもの。
肉厚でかなり気に入ってます。
ヌーヴォー1

それにしても初物のワインでこれほど騒ぐのは日本人くらいだとか。
できたばかりのワインなんて、まだ発酵の途中みたいな未完成のワインなんて、土地の人たちは好んでガブガブのまないんだそうで。
日本では俳句の季語にまでなってるのにねえ。

チェイサー(?)は塩サイダー。
甲斐駒の岩塩を配合した、甘さだけではないすっきりとした味。
 ヌーヴォー2

はっきり言って毎年のヌーヴォーの違いなんぞわかるわけではないのですが、
旬のものをいただいた、という心の満足が大事なんです。

食事とからだ | 23:50:41 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。