■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うさちゃん弁当のゆくえ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
Kuhの保育園の準備をしていたら、先に準備ができて外で待っていたTazが半狂乱になって戻ってきた。
「おべんとう、水の中におとしちゃったー!!」
水たまりのことだろうか。

「じゃあ拾っておいで、あたらしいごはん入れてあげるから」
「だめなの、Tazじゃとどかないんだもん、どうしよう、おかあさんたすけて」
?マークが渋滞する。
ナプキンで包んでリュックに入れたはずのおべんとうが、どこに落ちたって?

小淵沢の保育園ではアルミの弁当箱に白ご飯だけ入れて持って行くことになっている。
保育園の決まりで、弁当の中身は白ご飯だけ。ふりかけや梅干などを添えてはいけない。(玄米、雑穀米はOK)
Tazはそれを承知の上で、敢えて校則(園則)違反を犯す。
海苔でうさぎちゃんを切って、ごはんの上に乗せたらしい。
(最近切り絵にはまり、これが5才にしてはけっこう緻密に器用にできるものだから)
そしてそれをもう一度見たくて、わざわざ包んである弁当箱を外であけ、運悪く手がすべって田んぼの水路に落ちてしまったのだ。

通園路を1分ほど歩き進んだところにある貯水槽。確かに手を伸ばしても届かない。
弁当は無情にも、うさぎちゃんの海苔切り絵を上にしたまま、転がっている。
「なんでこんなところでお弁当を開けたりしたの」
「ごめんなさいごめんなさい」
IMG_8861.jpg
IMG_8863.jpg

あまりのバカバカしさに怒る気も失せて笑いだしてしまった。そーかー、嬉しかったんだろーなー、ひそかにうさぎの海苔が入ってるのが。

「おかあさんでも届かないよ。どうしようかな…」
大人の感覚からすれば、面倒だからこのまま放っておきたいところなのだが、やはり不燃物を水路に置き去りにするのはまずかろう。ほんとに流れていかないうちに、一応弁当箱はすくい上げておかなければ。
で、おもちゃのマジックハンドがあることを思い出した。
IMG_8864.jpg

「あ、ガッチンガッチン!そっっか!」とTazの顔が一転。
ガッチンガッチンことマジックハンドによって、アルミ弁当箱は無事取り上げられた。
「おかあさんありがとう!!!」
でもまだ水路にむかって
「うさちゃんごはん…」と未練がましい。

台風一過。
今日もコピっとがんばれし、Taz!
IMG_8865.jpg


スポンサーサイト
子育て | 15:28:10 | Trackback(0) | Comments(0)
すぐ後ろにあるあの山へ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
小淵沢小学校恒例の「八ヶ岳編笠山登山」に、Mooが行ってきました。
4年生になったMooは、今年から山頂を目指します。
生徒たちと一緒に登ってくれるのは、石屋通信でも取材させていただいた登山ガイドの竹内敬一さんと、
保護者ボランティアのみなさん。

10年ほど前、コーヒー店のマスターと一緒に私も編笠山に登ったことがあります。
この上ないくらいいいお天気で、山頂からは富士山、諏訪平、北アルプスetc.がすばらしい眺めでした。
マスターが山の湧き水でコーヒーを入れてくれました。
今年は初めて子供が山頂を目指す年なので、私も行きたかったのですが、ちょっと関節に自信がなくて断念しました。
最近長時間歩くと股関節や足首が痛くなってきてしまうのです。
なんだか情けない。年のせいにはしたくないけど。

全校生徒が無事下山し、明るい顔をして帰ってきた翌日、
銀行でばったり竹内さんに会いました。
まずは子供がお世話になったお礼を。
竹内さんのほうからも今年の子供たちの登山の様子を話してくれました。
4、5、6年生の順番で登り、竹内さんは先頭で引率。
だから4年生が一番竹内さんに近いところで登ったことになります。
「今年は雨が降りそうだったから、全体的にちょっと早めに登頂しようと計算したんです。
休憩も5分程度で切り上げた。5分といっても『さあ出発するよ』と言ってから実際に歩き出すまでにさらに5分かかるので、実際は10分くらいは休んでるんだけどね。
わりと急ぎぎみで進めたけど、今年の4年生はしっかりついてきましたよ。
登りはいつも3時間半はかかるんだけど、今年は3時間10分程度で登りきった。」

スピードを競うものではないので、速いからいいわけではないのはわかっていますが
時間が短くできたということは、みんながだらだらしないで、きちんと規律を守って取り組めたということ。
つまり、山に登る心構えがちゃんとできてた、と言えるんじゃないでしょうか。

「僕が言った通り、休み時間に縄跳びをして鍛えてたみたいだね。」
そういえば、「竹内さんにやるように言われた」といって、Mooも家で縄跳びをよくやってました。

「体を山に合わせる」
ころころ通信で取材したときの竹内さんの言葉が思い出されます。
「山に登らせていただく、という意識が大切。
厳しいことも危険なこともあるかもしれない。
自分の体も精神も山のレベルにあったものでないと、山に対して失礼。」

登山から2日後の新聞の1面に、小学校の登山の様子が掲載されていました。
『広がる環境教育、故郷の魅力 保全の思い体験で育む』
とてもいい記事でした。
「子どものころから山に親しんでほしい」
「故郷の魅力を知らないのはもったいない」
「登山という実体験から学び、大人になってもふるさとを強く思ってほしい」

こんなにすぐ近くの山に毎年登るという経験。
体力的につらい、でも山頂での達成感や爽快感、指導者の愛情、仲間意識。
そういうものはちゃんと体と心に刻まれて、「かえってくる場所=ふるさと意識」が植えつけられるはず。
私も高校生のとき、学校の遠足で六甲山縦走をしたものですが、
あの体験のおかげで、ある種の帰属感が持てるようになったもんなぁ。

山って、一歩一歩、ふるさとを刻み付けることができるんですね。
いい経験したんだろうなぁ、Moo。
置いてかれないようにしなきゃ。


子育て | 00:22:39 | Trackback(0) | Comments(0)
Moo、9才
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
Moo、スキー初体験。
すぐ近くにスキー場があるのに、なかなか親が連れて行ってあげられないので、
今回はお友達のご家族に便乗させていただきました。
インストラクターでもあるお父さんによると、とっても上手で、もっとやらないともったいないそうで。
「筋がいい」といわれると嬉しいもんです。
本人もすごく楽しかったようで、スケートからスキーに転向したい、なんて言い出しかねない勢いでした。

Mooはこの1年、運動能力も勉強への興味もすごく伸びて、大きく成長しました。
人間、人生のうち、なんどか皮がむけるように変化する時期があるのかな。
これから何度も人生の壁にぶつかると思うけど、今の自信を糧にしてほしいです。

もうすぐ9才。
我が世の春を謳歌しているMooです。

子育て | 23:21:15 | Trackback(0) | Comments(0)
このシールの貼り方、どうなんだろう。
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
このシールの貼り方、どうなんだろう。

今日は保育園のお誕生日会。
その2~3日前、誕生児のKuhはお祝いしてもらう時にかぶる王冠の制作をしたと聞いていました。
「あのシールの貼り方、ちょっとすごいですよ。年長さんでもなかなかないです。几帳面というか、理数系?お持ち帰り、楽しみにしててくださいね」と担任の先生がおっしゃってました。

で、今日持ち帰ったのが、これ。
王冠2
なるほど。4種類の色のシールをもともと空いてた丸い穴にあわせて1色ずつ貼ってったんだな。
確かに、3才にしてはわかりやすすぎる。
特に感心したのは王冠の形に合わせて放射線状に並べて貼ったこと。

ウチの子たちの通う園ではこの、ドットタイプのシールで工作させることが多く、
例えばあらかじめ白丸ドットで絵が形作られてる用紙に、4色のドットシールを配られて塗り絵のように白丸をうめていく、という、あまり創作的な内容でもないような工作を年中組でもやってたりして、
幼児教育的にどうなんだろう、と疑問に思ったりしていました。
が、未満児だと、こんなふうに制限された道具での工作の方が、表現意図を伝えやすいかもしれない。
Kuhが意外と理路整然としてるのはわかった。

だけど…
もう型にはめられた思考回路しか残ってない大人に理解されるために工作ってするもんじゃないし、
子供の果てしない創作力を、つぶさずただひきだすためには、大人は何をすればいいんだろう、または何をしてはいけないんだろう…。

子育て | 23:56:36 | Trackback(0) | Comments(1)
さようなら デミオくん。
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
初めて免許をとって以来乗ってきた愛車のデミオを本日廃車にしました(泣)
demio.jpg

13年乗って21万キロ。
あちこち傷ついたりしてるけど、まだまだエンジンはげんきだったのに。...
でも家族が増えて大きくなって、手狭になってきていたから、車検前のここで決断しました…。

それでも別れは辛いものです。
思えば八ヶ岳に来て、知り合いも少なく土地勘もなかった私のドライブの友として献身的に働いてくれました。

あなたがいたから自由に行動できて、楽しいところにも行けたの。
事故にあって畑に横転したときもあったね。
ドアは大破したけど、エンジンは無事で、その安定感のある車体で私を守ってくれてありがとう。

子供たちもあなたが大好きで、ドロだらけの靴であがりこんでも優しく迎え入れて、あちこちに運んでくれました。

私がイライラしてドアをバタンッ!って閉めても「やよちゃん、そんなに怒らなくていいよ、子供たち、いい子だよ」と黙って慰めてくれたのもあなたでした。

こんどはバーバが新しい車を買って、今までバーバが乗っていたモビリオがわたしの車になります。
モビリオには子供たちも慣れているので、すぐ仲良くなれるでしょう。
でもやっぱり寂しいよー。デミオくん。

バーバが新しい車をひきとるために甲府のディーラーに行くのが最後の乗車となりました。
本当は最後のドライブでちょっと遠出したいと思っていたのに。
私は今日仕事だったので、一緒に行けませんでした。
でもMooが最後を見届けてくれたでしょう。

今まで本当にありがとう、デミオくん。

子育て | 23:43:08 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。