■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伝統ある矢の堂祭
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
今日は近所のお堂「矢の堂」でお祭りがありました。
photo20140503-8.jpg


矢の堂祭では北巨摩のお坊さんが10人近く集まり、一斉にお経を読みます。山とある経典を大勢のお坊さんが片っ端から開いて虫干しをするのです。
photo20140503-9



そのあと、馬2頭の前でまた読経をします農村なので農耕馬をとても大切にし、田植えなど農業が始まるこの季節に五穀豊穣も願って行う行事なのだそうです。。(これこそ「馬の耳に念仏」? いやいや、この馬たちいい子でちゃんと神妙に聞いてましたよ。)
photo20140503-3.jpg

photo20140503-4.jpg


平安時代にその歴史を遡るという由緒あるお堂。
このたびそのいわれを記した記念碑ができました。
制作を請け負った石屋として、今日のお祭にあわせた除幕式に参列。
photo20140503-1.jpg

photo20140503-2.jpg


おみこしがでたり、地元の人がふるまってくれる屋台やマスつかみどり、わなげなども。
おかげで子供達もたのしませてもらいました。
photo20140503-7.jpg

photo20140503-6.jpg

photo20140503-5.jpg


スポンサーサイト
和太鼓・祭り | 20:57:14 | Trackback(0) | Comments(0)
パーティーに行くのよ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
「今日はパーティーがあるんでしょう」
次女Tazがキラキラした目で言いました。
おひめさまだいすき、アイドルだいすき。
Tazは今日の会を社交界か舞踏会か何かだと思っているのでしょうか。

Tazは3人の中でも特に夢見がちで、人形あそびやぬりえをしながら
「さ、今日はパーティーよ。王子さまがいるのよ」などと独り言をしゃべっています。
シャンデリア、すてきな音楽、着飾った人たち、たのしいおしゃべり、そしてロマンスの出会い。
大人になったらファッション誌やブティックで「ちょっとしたパーティにも着ていけます」なんて売り文句を聞きなれ、
今の日本のパーティーの様子なんかも想像できたりして、そういう中世のようなかんじとはちょっとちがうんだよ、と言いたいところですが、
それでもやっぱりちょっと特別なところに出席するのだという緊張感はあるもんです。

今日は和太鼓の師匠のお祝いのパーティです。
わたしの入っている町の和太鼓チームは、甲府市無形文化財天野宣さんの流儀で活動しています。
天野先生は今年傘寿を迎えられました。
演奏者、作曲者として長くふるさとの文化芸能発展に寄与してこられ、その精神を伝承するための伝記書籍が発刊されました。
今日はその記念の祝賀会、というわけです。


和太鼓・祭り | 00:46:44 | Trackback(0) | Comments(0)
2014年元旦初打ち 
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
あけましておめでとうございます。
今年は午年、「うまくいきますように」と縁起をかついで、
今年も元旦から太鼓をたたいてきました。

演奏したのは「淵駒」、戦国時代の幻の名馬「甲斐駒」をイメージした勇壮で、ときに神聖な雰囲気も漂う曲。
馬の町・小淵沢らしい曲です。
ここ数年はソロの篠笛の部分も担当させていただいていますが
今年は正月にしては暖かい気候のせいか、いつもより音も出た感じもして
透明な空気に乗って南アルプスの甲斐駒ヶ岳まで届かせたい思いも込めて吹いてきました。

今年も精進精進。
IMG_5553_R.jpg

IMG_5566_R.jpg

IMG_5570_R.jpg


和太鼓・祭り | 15:01:02 | Trackback(0) | Comments(0)
太鼓の嵐だ!
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
小淵沢駅前のお盆祭り「すずらん祭り」に、今年も練り込み囃子太鼓隊で出ました。

あの駅前商店街に、いつもの100倍の人出がある日。(という言い方もちょっと悲しいけど)
狭い沿道に人がひしめきあって、近所の人や帰省した人、別荘に遊びに来た人、など小淵沢にゆかりのある人が集まってきます。
お囃子隊やお神輿隊をみんな満面の笑みで迎えてくれる沿道を通っていると、「みんな、小淵沢とお祭りが好きなんだなー」と思います。
練り込み2013-1
練り込み2013-2
練り込み2013-3

今年は次女Tazもやっと直前でやる気をみせ、参加。
長女Mooは5年のキャリアがありますから、もう落ち着いたもんです。
練り込み2013-5
練り込み2013-6

小淵沢練り込み囃子作曲の、天野宣先生と率いる和太鼓バンド「阿羅漢」、天野先生門弟の地域太鼓グループの皆さん。
即興の演奏もしたりして、祭りの華やかさ、音楽の楽しさを味わわせていただきました。
練り込み2013-4

お父さんとKuhは沿道から応援してくれました。



おかえりなさい、小淵沢へ。

和太鼓・祭り | 11:17:45 | Trackback(0) | Comments(0)
我が家の練り込み2012
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
今年は7月から8月前半にかけて、それこそ息つくひまもなく忙しくて、
ブログもぜんぜんかけませんでしたが、
お盆が終わって、やっと一息。

午前中の雨にも関わらず、強行した「すずらん祭り」。
でも午後には晴れ間も出て、夕方のオープニングは心地よい夕風の吹く中、和太鼓の演奏で華々しく開幕しました。

駅前のお祭り「すずらん祭り」には我が家からは今年もMooと二人で参加しました。
私はもともと太鼓のメンバーですが、娘と一緒というのはちょっと違う意味で緊張します。
他にも親子参加の人たちが何組かありますが、大人も子供もない、みんなでひとつのものを作り上げる、という中に親子で参加するというのは、きっとみんな格別の思いがあるものじゃないでしょうか。

小淵沢駅前商店街でのお盆祭り。
狭い沿道に、いつもの100倍くらい人が集まって、ひしめき合ってます。
顔見知りばかり。
「おかえり」。
そんな言葉を誰にでも言いたくなる、小さな町の大きな思い出です。

お父さんが写真をとってくれました。
でも、下の子二人を追いかけながらの撮影なので、イマイチベストショットがない・・・。
ま、今年はこんな雰囲気でした、ってところで。

篠笛を担当しました。
練り込み2012-1 

大勢でパレードします。
練り込み2012-2 

子供も大人と同じ扱い。
練り込み2012-3 

えらい、年季の入ったヤンキーや。
練り込み2012-4 

我が家の娘たち。
練り込み2012-6 練り込み2012-7 

キミが一番りりしいぞ、Kuh。(なぜか高根の法被)
練り込み2012-5

和太鼓・祭り | 22:27:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。