■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
癒しの空間・石の浴室
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
石浴室


ウチの浴室の壁は木と石でできています。
木はヒノキ、石は国産材の「十和田石」という材料です。
石貼りはただ同じ四角いのをタイル貼りするだけじゃ、芸がない!ということで、いろんなサイズの石板をモザイク風に配置しました。
これが「タイル屋」ではなく「石屋」の成せる技です。
でもおかげでえらい時間がかかりました。
(あいた時間にやる、という感じでもあったので)
十和田石は薄く青みがかった凝灰岩で、水を吸いやすく柔らかいので墓石などには向きませんが、内装にはよく使われます。
水にぬれてもすべることなく、足をつけた瞬間はもちろん少しひやっとはしますが、お湯を2回ほどかければすぐにあったまります。
夏はかえって気持ちいいかもしれません。
ということで、我が家ではウレタンマットなどは使っていません。
長い間には目地部分にカビが生えるかもしれないので、お風呂からあがったあとはスポンジで水をぬぐうようにして、通気を良くしておけばOK。
石は空気や水を浄化する効果があるので、「癒しの空間」であるべきお風呂にはもってこいだと思います。
ほんとはバスタブも石にしたかったのですが、手間がかかりすぎるのと、手入れが面倒そうなので、断念しました。
石風呂は温泉で楽しむことにします。

スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

石のある暮らし | 17:15:22 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。