■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
包丁余話
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
いつも行くクリーニング屋さんで、なぜか包丁をもらいました。

ことの発端は娘のいたずら。
台所探検が大好きな1才3ヶ月の娘は私が夕食のしたくをしているところへ侵入してきては、引き出しやラックの中のものを片っ端から取り出すことに夢中。
しばらくして「どこかで静かにしてるな」と思ったらリビングのホットカーペットの上にびちゃびちゃと酢をこぼしているではありませんか。
ひえええ!
娘は体中酢の雨を浴びてすごい匂いになってたので、夕食の準備も中断し、急いでたらい風呂に入れました。
風呂から上がると部屋中酢の匂い。
げんなりしながら、まぁこれもこのカーペットの宿命、今季のお役ご免ということにして、次の日いつものクリーニング屋さんに持っていったわけです。

クリーニング屋のおばさんにその話をすると
「ほりゃーほーさ。親とおんなじことしたいだもの。」
といいながら奥に行ってなにやら取り出してきました。
それがその包丁。といっても白いプラスチックのおもちゃです。
「親とおんなじものやっときゃぁうれしいで。これ、便利だよ。一応ぎこぎこすれば野菜も切れるの。手は切れないけど、ちょっとは痛い。痛い思いをしなきゃだめだしね。ちょっと汚れてるけど、持ってきな。とりあげるばっかじゃかわいそうじゃん。」

「子どものときも孫のときも、ダメっつことは言わなかったね。ダメなことはそのうちわかるだから。」

娘はその包丁がモノを切るものだとはまだわからず、ガリガリとかじりながら投げたり拾ったりして遊んでいます。クリーニング屋さんの孫3人が使ったおもちゃの包丁は、ちょっと使い方違うけどウチの子に引き渡され、みごとお気にいりグッズの仲間入りを果たしました。

ブログランキングに登録しました。
読んでくださったらぽちっとお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

子育て | 11:47:42 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。