■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子授地蔵、ご奉納
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
9月に来店してくれた塩山にお住まいのお客様から、お便りがきました。
「おたくのお店で買ったかわいいお地蔵様を、子授地蔵のお仲間に入れてもらいました。」

子授地蔵(こさずけじぞう)とは、牧丘町(合併し現山梨市牧丘町)にあるお地蔵さま群のこと。
子どもの授からない夫婦がそこにあるお地蔵様を1体連れて帰り、めでたく授かった折には2体にしてお返しするという風習があります。
そのお客様もめでたく初孫をさずかり、借りてきたお地蔵様のご利益、と喜ばれ、当店でお地蔵様を買ってくれたのでした。

「初孫をさずかり、喜びを与えていただき、幸せな今日の自分があることを、亡き両親やご先祖様に心の中でありがとうございましたといいました。」
奉納したときの様子や子授地蔵のある小楢山の様子を写真に撮って送ってくれました。

塩山…車で行けば1時間ちょっとだから、そのうち見に行きたいなぁ。
ウチはもう十分授かったけど、感謝の心を持ち続けられるように。

子授地蔵の観光案内はコチラ
山梨市観光協会 http://www.yamanashishi-kankou.com/asobu/culture2.html

スポンサーサイト
伝統文化について考える | 16:26:03 | Trackback(0) | Comments(0)
山のスポーツ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
山でできるスポーツといえば、いろいろあるでしょうけど、
寒冷地小淵沢ならではのスポーツのひとつにスケートがあります。
町内に屋外リンクがあり、11月20日から2月末までオープンしてます。
スケート1

小淵沢小学校ではスケート部という、部活のようなものがあります。
3年生以上の希望者は誰でも入れ、町内にある屋外リンクの使用料をすべて負担してくれるという、大変小淵沢らしい取り組み。
学校→リンク→帰宅先をスクールバスで送迎してくれて、至れり尽くせり。

Mooもこのクラブに入ることになりました。
数年前から1、2年生も入団できるようになったのですが、ただ、こちらは親が完全同伴です。
Mooは2年生ですから私が送迎し2時間の練習中もずっとついていなければいけません。
何かスポーツをさせたいと思っていたところ、スケートを自分からやりたいと言い出したのにはびっくりしましたが、やる気になってるのはいいこと。
半分はなかよしのお友達がやってるから、ということかもしれませんけど。

11月20日、山梨県民の日で学校はお休み。いよいよリンクもオープン。
今まで学校の体育館でローラースケートを履いて練習していましたが、この日から氷上練習の開始です。
初日はどうしてもペンギン歩きになってしまうのに耐えます。
足首がガクガクしてものすごく痛いみたい。

それでも弱音をはくことなく2時間弱をなんとか過ごしました。
まだ個別指導を受けられるレベルでもなく、ひたすらリンクを一方方向にまわることだけを目標にがんばりました。

ところが、子どもって早いもので、2日目、3日目、とたつうちに、みるみる滑れるようになりました。
もちろんまだまだスピードはでませんが、とりあえずグラグラするのが格段に減りました。
上達し始めは楽しくて楽しくてしかたがない、という風情。
スケート2スケート4
いい顔してます。

今日は雨で練習が中止になったというのに、多くの子が自主練に励んでいて、Mooも当然参加しました。
昨日のスケート刃研磨の成果が出たかな。一段と滑れるようになったみたい。
スケート3

石屋の娘ということで、「スケート刃研磨用の研ぎ石を手入れしてくれませんか」
と、顧問の先生から依頼がありました。
お父さんにふったら、今までも何度か受けたことがあるとのこと。
娘もお世話になっていることですし、父兄としても一肌ぬぐ場が現れたようです。

夏は練込囃子、冬はスケート。
こぶちっこの模範のような生活です。

子育て | 00:37:15 | Trackback(0) | Comments(0)
芸術のことはわからないけど。
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
次女Tazは4才になりました。

長女Mooは4才になる1ヶ月前からピアノを始めました。
ひらがなが全部読めたので、どれみの認識もできると思ったからです。
他にも本の暗誦が得意、滑舌もよし。
人への気遣いができたり、喜怒哀楽の微妙な感情も受け方が素直で、なかなか優等生的な子でした。

かたや、Taz。
まだひらがなはぜんぜん読めません。かろうじて自分の名前だけは認識できるくらい。
本の暗誦はほとんどできません。
魔の二歳児からはやっと脱出したものの、あまり複雑な感情を持っているようには見えず、とりあえず嬉しいか気に入らないか、のどちらかだけが強いように感じます。
知能、低いのかなぁ、と心配したりしたこともありましたが・・・

でもTazにはおねえちゃんにはないおもしろさ(能力?)がありました。

絵本はまだ読めませんし、暗誦もしていませんが、絵を見て自分の言葉でストーリーを説明するのです。
「オオカミが来ました。フーフー!あっというまにわらの家が飛んでってしまいました。さっ、オオカミこわいからこんどこっちにかくれよ、おくつはここでぬいでね。ちゃんとドアしめてね」
本に書いてある文字の一字一句は違うんだけど、大筋でストーリー合ってるし、おまけにオリジナルの演出まで入れてるのがおもしろい。

お絵かきについても。
いろんな子の絵をみたことがあるわけじゃないので、上の子との比較しかできませんが、
Mooの場合は写生的なものでした。
今そこにあるものを自分の書きやすいアングルで書く。
家とか花とか人とか。
大体何枚書いても同じような絵になってました。

ところがTazの場合はそのときの気分によってストーリーじたてで書いていってるのです。
「山、書くね。」(と最初は緑でアーチ状のものを書く)
「あかい山もでてきました、きいろい山もでてきました。」(どうやら紅葉を描いているらしい。緑のアーチに平行してどんどん色を並べていく)
「山には木もはえています。」(といって茶色でぐりぐりと太い線状のものを書く)
「はっぱがのびてぇ、鳥もやってきました。」(と、なぜか紫で書く。横に伸びたとがったものがどうやらくちばしらしい)
「きつつきが木をコンコンってやってるの。あ、おうちも書くね。おかあさん小さいおうち書いて。とおくにあるおうちだよ。」(おっ!遠近法を知っている?)
「Tazは大きいおうちかくね。」(とてもおうちにはみえない、ドーム上のものを紙の下のほうに書く。遠近法上も合ってる配置?)
「これ、屋根ね。」
(そういえば、なんとなく三角っぽい形。屋根は何色?と聞くと)
「ちゃいろだよ、だってほら木だもん。」(と天井を指差す。流れにのったように続けて)
「これ、床ね、これ窓。窓が開いてるの。風が入ってきました。」(と、このへんでそろそろ満足した様子。「まだ白いところあるよ、何か書こうか」と促すと)
「じゃあお空。これ朝のお空。これはゆうやけのおそら。」(と違う色をとりだす)
tazの絵

とにかく一枚の紙に時間の流れまで表現しているのです。
これはちょっと、プロっぽい芸術表現じゃない?
会話しながら絵をかかせると、どんどんストーリーが展開していきそうで、すごくおもしろいです。

それからお芝居。
人形をもってひとりあそび。
「あたし、今日はちょっとつかれたわ」
「だって、今日はパーティにいくのよ」
「あー、そっか。じゃあドレスにきがえなきゃ」
・・・と一人二役で芝居をつくるときもあれば、
弟相手に「○○なのよ!」「ついてらっしゃい」などと芝居がかった命令口調でごっこ遊びしてるときもあります。
弟Kuhもけっこうよろこんでホイホイついてきます。
tazの絵2

まとめると、
Mooは模倣性に長けてて
Tazは独創性に長けてる。
まぁ二人だけを比較したレベルですけど。

何かいいとこ見つけてやんなきゃ、親だから。

子育て | 01:22:14 | Trackback(0) | Comments(2)
家族のロールケーキ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
夫は用事で町に出ると、よくデパ地下でロールケーキを買ってきてくれます。
ふだんは子供たちには「甘いものはだめ!」と言い聞かせてますが、
お父さんが出かけたときくらいはいいか、ということで、
いつしか我が家では出張土産はロールケーキになりました。

なんでロールケーキなのか、夫に尋ねたことがあります。
ちなみに私はチョコベースで美しく飾られたデコレーションケーキがすきなのですが・・・。
理由は「安いから」だそうです。
なるほど、三角や丸のカットを5つ(Kuhにはあげないから4つでいいかも)買うと、
だいたい1個350~450円くらいだから合計1500円以上。
ホールのデコレーションケーキはさらに高くて、平均2500円以上。
それに対してロールケーキは1本で700円くらいから高くても1200円くらい。

それぞれに合わせて好きな大きさで切れるのもいい。
持ち運びにあまり苦労しないのも大きな理由。何せ満員電車や長距離バスで帰るので。
加えて、夫自身がふわふわスポンジの部分が好きで、クリームはあまり欲しくない。

ナルホド・・・。ロールケーキ、使えるじゃん。

そういうことで、今日は私が用事で横浜に来ていたので、
帰りにデパートでロールケーキを買って帰りました。
横浜らしいブランドの「ありあけ」の「横浜ハーバーロール」。
やさしいはちみつスポンジにマロングラッセと餡入り生クリームを巻いてあります。
もうひとつ「黒船ハーバーロール」というものもあって、
こちらはほろにがショコラスポンジにショコラクリームとバナナ、餡を巻いたもの。
私的にはこっちのほうが好みだったけど、今日は「横浜ハーバー」を買いました。
横浜ハーバー

家族の、たまの、小さな楽しみです。

食事とからだ | 00:38:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。