■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
しあわせ♪クリスマス企画~イルミネーションの巻
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
八ヶ岳のクリスマスの楽しみ方、第二弾です。

我が出身地明石のお隣・神戸では12/8から恒例のルミナリエが始まりました。
震災の復興を願って作られた、光の彫刻です。
クリスマス前まで灯されます。
震災の年に初めて開催されたもので、既に就職して東京に出てきていた私は年末の忙しいさなか実家に帰ることもできず、まだ一度も見ていません。
八ヶ岳に来て丸8年、もうさすがに「都会のネオンが恋しい~」なんてことはなくなったけれど、クリスマスのこの時期に、いろんな思いがつまったイルミネーションを見るのは感慨深いものです。
神戸市民の強い希望で毎年の恒例行事になったので、いつかは生で見れるといいなと思いをはせつつ、八ヶ岳でクリスマスイルミネーションが見られるところを探してみました。

まず小淵沢のリゾナーレ。
通称「ピーマン通り」と呼ばれる石畳(ほんとは石じゃなくてインターロッキングというブロックだけど)の回廊のまん中にそびえる塔に滝のように電飾が灯されているだけでもかなり圧倒されますが、一番のメインは週末とクリスマス前3日間に置かれるキャンドルでしょう。
2000個のキャンドルが回廊にずらりとならべられ、それはそれはロマンチックな風景です。
ピーマン通りのお店のひとつ「フラッシュポイント」のつぐらさんの裏話によれば、このうち1000個はピーマン通りの各店舗が50個ずつの設置ノルマを持たされるとのことで、誠にご苦労さまで~す。ちなみにつぐらさんが朝出勤すると2000個のキャンドルは既に片付けられているそうです。
リゾナーレのスタッフの方はさらに大変ですね。
山梨きってのデートスポットを目指しているそうで、いーなー。と指をくわえつつ、娘と歩いてみました。
リゾナレ2 リゾナレ1 ←今日は雨だから笠付のキャンドルが点々

高根清里の萌木の村。
これぞ、高原のクリスマス!ですね。
萌木の村といえば間伐材で作ったシカさんがトレードマークですが、そのシカさんがトナカイになって、萌木の村の芝生の広場でサンタさんのそりを引いている姿が見られます。
カラマツ林の中で静かに、でもどこからか鈴の音が聞こえてきそうな風景。
キラキラのイルミでロック音楽をがんがんかけてクリスマス商戦を繰り広げる都会では得られない穏やかさです。
それを言うなら、何もない牧場かどこかで月のない晴れた夜に、それこそ降るような星空を見るのが一番の「ロマンチック聖夜」かもしれませんね。
萌木の村 ←夜はこれに灯がともるんですって。

そろそろ初雪、降るかな。

八ヶ岳のおすすめ | 00:54:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。