■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
塚川の石街道
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
長坂町塚川の北杜高校に続く道を時々通ります。
通るたびに「いいなぁ」とためいきをつくような風情を感じます。
各家が石垣や瓦屋根付きの塀を構え、ところどころに祠や燈篭。
白州の台ヶ原宿は「全国の道百選」のひとつだそうですが、それに勝るとも劣らぬ情緒を備えている通りだと言えるのではないでしょうか。

今でこそ長坂ICから七里岩ラインへは新しい広域農道を通るのが主流となりましたが、かつてはこの旧道が日野から谷戸を結ぶ主要道路でした。
八ヶ岳南麓のなかでも比較的標高の低いこのあたりは、おそらくいい農業地帯だったのでしょう。
裕福な農家の地主さんがこぞって外回りにまでお金をかけた、というのがよくわかります。

こういうところですから、石垣も立派なものです。
「間知石モドキ」のブロックが多い昨今、これだけの石垣が固まって並んでいるのはなかなか圧観です。
塚川4 間知石の谷積み

塚川3 間知石のちょっと変形の亀甲積み

塚川2 間知石、高度な技術の返しのある亀甲積み

塚川1 幅広の水路を堂々と渡す太鼓橋

塚川5 古い祠や自然燈籠

車で通り過ぎると、旧道だけに「せまいなぁ」感じることもあったりするのですが、今日はやっとじっくり歩くことができました。

石の街めぐり | 23:22:39 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
こは、好きな道です。
「検地済み」の石垣・・・そうなのですね。さすが専門家の目ですね。実は、何年か前に仲間とあちこちの道を歩いて農村の自然観察をしたのですが、ここ塚川の道もその一つでした。大型の車両が通らなければもっと安全で風情もあるのですが・・・。

またゆっくり歩いてみたくなりました。
2006-12-18 月 09:32:15 | URL | mukai-m [編集]
mukai-mさま
農村風景ならこの街道から一本東(?)へ入った田園がステキですね。
谷あいの水田の間から富士山が見えていたりして。
オオムラサキセンターにも近く、かのちょうちょもよく見ました。

専門家・・・と言われるとはずかしいほど大胆な変換ミスをしていました。
さりげなく直しておきましたので、まちがい探し、してみてください。
2006-12-19 火 00:02:03 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。