■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ここかな?七里岩の遠望
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
12/22のブログで、小説『風林火山』の記述で七里岩をどこから見ているかの謎を書きました。
コメントをいただいたpockyさんのご指摘もあり、実際に探しに行くことにしました。
勘助と由布姫が歩んだ道を逆に戻るように、国道20号上り方面へ向かいます。
小淵沢から釜無川沿いに、七里岩を左に見ながら。

韮崎平野に入った円野。「平成かかしカーニバル」で有名な水田地帯ですが、ここからは小説の記述のような雰囲気は見られませんでした。
七里岩の崖がすぐそばに見えて、迫力はあるのですが、「島のよう」には見えない。
加えて甘利山などの低い山が近すぎて、その向こうの鳳凰三山は見えません。
七里岩遠望1 七里岩遠望2


ということで、どんどん遠くへズームアウト。
pockyさんご指摘の塩川大橋まで来ました。
七里岩遠望3

これですね!おそらく。
「その向こうは・・・」と表現されてる鳳凰三山の見える方向については今だクエスチョンは残りますが、なんといっても小説の雰囲気にぴったりのポイントです。
さすが、pockyさん。ありがとうございました。

たかが小説だから、実際の舞台を探しても無意味といえば無意味だけど、これでちょっとすっきりしました。




八ヶ岳のおすすめ | 01:25:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。