■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カンバン娘
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
最近家族でしめしめ、と喜んでいることがあります。
先月2才の誕生日を迎えた娘が、保育園のお誕生会で、「おおきくなったらなにになりたい?」とインタビュー(?)を受け「いしやさん」と答えたらしいのです。
誕生会の練習の時も変わらずそう答えていたそう。
すごいですね、特に教えたわけでもないのに。
家族の会話の中で「いしやさん」という言葉を覚え、それがお父さんを指すのだということをなんとなく知り、「大きい」=「お父さん」=「石屋さん」と図式化された結果、そう答えるようになったのかな、と思います。
1ヶ月ほどたった最近では「MOOちゃんおおきくなったらいしやさんになります」ときちんと文章でしゃべったり、「MOOちゃん、いしやさんのかんばんむすめ」と生意気言ったり。(これはおばあちゃんの口癖を真似たかな)
喜んだりおもしろがったりする大人たちの反応を見て、楽しんでいる様子でもあります。

将来、本当に何になるかはもちろんわかりません。
世の中にはもっともっといろんな職業があって、(村上龍さんの『13歳のハローワーク』のように)まだまだ無限の可能性を持っていることをそのうち知ってもらいたいけど、でも、まず初めに触れる職業が親の「石屋」だったことで、自分の原点とかルーツが確立されると思うわけです。
それに、周りの子どもにも「石屋」という一般にはあまりメジャーでない職業がすぐ身近な友達の家にあることを知ってもらうことができる。
そしてそれを聞いた大人たちは「そーか、MOOちゃんちは石屋さんだったわね」と顔がほころび、「今度何かあったら頼もう」ということになったりして、宣伝効果もバツグン!
やっぱりウチの子はカンバン娘ですかね。


子育て | 00:49:06 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
「MOOちゃん、いしやさんのかんばんむすめ」
とっても嬉しいのでは?
何処の親も「親バカ」ですね、私もそうです。(笑)
石屋さんは大事なお仕事だから知らない人に覚えてもらいましょう。
MOOちゃんは宣伝係です。
これからも頑張って貰いましょう。
2007-03-24 土 09:37:32 | URL | ZOOMママ [編集]
ZOOMママさん
全く親バカですよねー。
いつまで素直にがんばってくれることですか・・・。
ちなみに今日は「MOOちゃんおじぞうさま」と合掌していました。
2007-03-25 日 01:37:07 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。