■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
山菜盗りの季節?!
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
山菜の季節。
田舎物件を歩いていると山の落ち葉の下からかわいらしく顔をのぞかせる山菜があちこちに見られます。
ほんとはよその土地だからやたらとっちゃいけないんだけど、「いいじゃん、どうせ誰も採らないんだし、今が食べごろなんだから」とばかりにこっそりいただいちゃうこともしばしば。
山菜の中ではタラの芽が大好物ですが、これはやはり他の人にも人気ナンバーワンとみえて、既に誰かが採った後だったりするし(悪いこと考える人は他にもいっぱいいるんですね)、木の上に出るものというのは罪悪感もなんとなく増してくるもの。
そこへ行くと地表に出ているものはわりと採りやすいのです。
ふきのとう、こごみなどはよく目にするメジャーなもの。
庭先によく生えています。
しゃがんで採っているとどんどん山の奥へ入っていったり。
赤ずきんちゃんはこうやって道草が過ぎてしまったんでしょう。

さて、今日出会ったのは「カンゾウ」。
お客さんが教えてくれました。
「あっ、これ今一番おいしいときですよ。どうぞ。」
古い民家を案内している途中、その庭先でのことです。
どうぞ、と言われても、と迷う間もなく、そのお客さんがなんの躊躇もなく次々とむしって採ってくれるので、つい束でいただいてしまいました。
『人』という字を逆さにした形の葉が何枚か重なっているような芽。
カンゾウ1

育ってくるとだいだい色のきれいなユリに似た花が咲くそうです。
ユリ科の植物で、『萱草』といいます。
甘味料として使う『甘草』とは別物。

カンゾウ2

さっと茹でて鰹節をかけ、おひたしにしていただきました。
カンゾウ3

ニラのような食感だけど、全然癖のない、甘みのある、おいしい葉っぱです。
でも何かが足りない。
と思っていろいろ調べていると酢味噌で食べるのが一般的とか。
そう、まさに、その刺激。
さすが先人。

こういう道端に生えてる草を採って食べるという行為は、ある意味今の世の中新鮮です。
ちょっと得した気分。
生えている場所もわかったら、また採りに行きたくなる・・・。
やはり山菜は買うものじゃないです。
でも人んちまでずかずか入ってらないように・・・。


食事とからだ | 17:22:34 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
食べましたよ。
カンゾウ、今年は三月はじめころお浸しで食べました。

春は苦味の山菜などがおいしいですね。
ふきのとうもヨモギも、それから、あのトゲのあるアザミの新芽も、カタクリの葉も、てんぷらにgoodですよ。

カンゾウは採っても怒られないんじゃないかしら(笑)
2007-03-28 水 20:08:55 | URL | 石神バーバ [編集]
石神バーバさま
昨日は墓地でとったふきのとうをてんぷらにして食べました。
私も苦味のあるほうが好きです。
冬に眠ってた体を起こす意味もあるんですよね。
川崎町も山菜の宝庫ですか。
私はまだまだ山菜とり初心者ですので、いろいろ教えてください。
2007-03-29 木 10:57:20 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。