■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
虚空の音
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
今日は龍村仁監督「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」上映会に、旧白根町に行って来ました。
「ガイアシンフォニー」、見るのは初めてです。
6作目となる今回のテーマは「音」。
「音」にはモノがぶつかって生まれる「有の音」と、何もしないのにただそこにある「無の音」がある。
風の音、土の音、水の音・・・地球の呼吸する音。
「無」から生まれる絶対的な「音」 = 「虚空の音」=神の音
ミュージシャンと呼ばれる人たちは、魂を研ぎ澄ませ、それを何とか再現しようと試みる。
そしてそれを聞いた人が頭の中で補完し、地球ガイアの息吹を感じる。

もう少し環境ビデオっぽいのかと思ったら、意外と報道番組のような見せ方でした。
3人のビッグアーティストのルポと、4人の音表現者の演奏映像が交互に入る構成。
音を言葉で理解させるのは容易ではありません。
各アーティストが「神の音」をどうとらえ、どう表現しようとしたのか、理屈で説明するととても長くなります。
だけどある程度言葉で説明しないと、一般の人にはもっとわからないでしょうから、映画としてはその手法も必要なのかもしれません。
ちょっと長く感じましたが、その説明があったから、ただの演奏映像の部分が飽きずに見られたのかな。

上映の後、映画にも出演していた演奏者の一人、長屋和哉さんの生演奏もありました。
これはPA無しで、ほんとの生で聞きたかった。

上映会&ライブのあとは一緒に行った夫・友人たちと穴山の「まるげ」でお食事。
古い民家を直したイタリアンレストラン。
100年以上も経つ民家の柱や梁がかつてそこの住人たちの声を吸収してきたように、私たちの会話もまた木の奥に染み込んでいくのかもしれません。

自然素材の環境 | 01:46:07 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おひさしぶりです。お元気そうですね。
「地球交響曲第6番」&長屋さんミニライブとは、なんと素敵なイベントっ♪
ガイアシンフォニー大好きで、各2~3回ずつくらいは観にいってます。
そういえば、この日にちょうど、やよぶさんの活躍ぶりを伺っていましたわん!
ますますパワフルに活動されているようですねー。
また機会があれば、うまうまランチいたしましょう♪

2007-06-11 月 18:14:42 | URL | satomin [編集]
satominさん
おひさしぶり~。ガイアシンフォニー、初めて見たから今度は初期のころのも見てみたいです。昔はあまり説明的でなかったとか。
ランチといえば、この「まるげ」、よかったですよ。
夜しか営業してないんだって。お食事もワイン・カクテルなどのお酒のメニューも豊富。
こういうところで語り合いたいですねェ。
2007-06-12 火 10:43:33 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。