■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペットと人間の暮らし
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
昨日娘が犬にかまれました。
といっても全然たいしたことないのですが。
知り合いの家の飼い犬で、とてもいい子で、おとなしい犬です。
娘は犬がちょっとこわいのですが、でもこの子については名前も覚えて、いい子だと知っているので、昨日は勇気を出して頭をなでてやろうとしました。
でもそのなで方がどうも、少し背後から近づくようなかんじだったようで、犬としてはビックリしたらしく、ふりはらった拍子に歯が娘の足にあたってしまったのです。
娘は「かんだ、かんだ」と大泣き。
痛いというより、びっくりしたのと、信じていた犬がそういう態度に出たことと、「かんだんじゃないよ」という親の言葉と、総合的に自分を否定されたみたいな気持になったんだと思います。
飼い主の方も心配して何度も謝ってくれました。

だけど・・・とうちに帰って反省。
私自身あまり犬の扱いが上手ではなく、やっぱり昔かまれた経験がトラウマになってコワイので、積極的に子供を動物に触れさせてこなかった結果、こんな初期の段階で娘にまでトラウマをつくってしまったんじゃないか。
そもそもペットってなんなんだろう。
動物と人間の距離感で、人間に遠い順に、野生→家畜→ペット→補助、介護犬。
ペット=愛玩 愛する玩具?
人間の子供は減っているのにペットは増えている・・・
動物のほうは人間を必要としているのか?
少なくとも人間はペットを必要としてきたし、ペットから得る精神的安心感とか生き物を慈しむ道徳感ははかりしれない。

・・・こんな調子でアタマで理屈っぽく悶々と考えていたら、こんなサイトをみつけてしまいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/grace61/14000/

ペット非経験者の私の悩みをあおって、ものすごく腹がたってきました。
こんな世界になるなら、いっそペットなんかやめちゃえ!!
本当にペットを家族だと思って必要としている人たちに対していい迷惑だと思わないのか!!(思わないから捨てるんでしょうね)
それにしても、ペットにも流行り廃りがある?
工場生産のように無理な出産をさせられる?
安楽死じゃなく毒ガス苦痛死?
かたやいいエサを与えられ最新医療を受けられ死んだらお墓まで建ててもらっているペットがいるかと思えば、ただ玩具として「生産」され、売れ残ったら「廃棄」されるのもいる。ひどい格差社会。

こういうことはなくなることを願うばかりですが、もし今後もつづいてしまったら、子供にはおいおい知っていってもらうとして、今私にできることは、なでられる方の気持ちになって怖がらずに接していくことかな、と。
こんどそのお宅にいったら犬にちゃんと挨拶しようね、と娘と話しました。


子育て | 13:28:44 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ご訪問ありがとうございました。

すみません。お悩みをあおってしまったんですね・・
申し訳ないです。
悲しい現実ですが 命が商売の対象になっているのが 今のペット産業です。
一日も早く、命が売り買いされる事がなくなることを願ってやみません。 


2007-06-21 木 22:40:30 | URL | グレイスゆきこ [編集]
グレイスゆきこさま
いいえ、ちゃんと知っておくべきことだったと思います。
悲しいけどちゃんと考えなきゃ。
こういう現状をもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
リンクはるところを間違えてました。
ももこちゃんを迎えた日記でもよかったんですが、やっぱり「ペットは買うもの?」をリンクさせていただきました。
2007-06-22 金 16:32:01 | URL | やよぶ [編集]
ブリーダーやペットショップの黒い話はよく聞きます。
いつも、じゃあお前がその犬猫のかわりにやってみろって思うよ。
同じブリーダーやペットショップでもオランダとかドイツだったかな、
あっちではペットやのケージに入れられて買う人が来るのを
待つのではなく、居心地のいいおうち(ブリーダーさんかな)で
ほかのきょうだいとかと一緒に過ごしていて、欲しい人は写真を
見たりするらしいよ。シェルターもたくさんあって、日本のお寒い事情
とはずいぶん違うとか。

うちの義妹や友達には3歳の娘さんがいるんだけど、お母さんたちは
猫が苦手だったのだけど、こどもたちが公園とかでじぃーっと猫を
見ていたり、活発な子だけど乱暴(?)はしなかったり、で、逆に
影響されて猫が前より好きになったって言ってた。
やよぶちゃんちもいい感じにいくといいね♪
2007-06-23 土 21:08:55 | URL | かつ [編集]
かつ
日本もぜんぶが全部そうじゃないんだろうけどね。
この事件よりちょっと前だけどご近所さんのところの柴犬に子犬が3匹生まれました。
「見に来る?」と言われて娘と見にいきました。
超かわいー!おかあさんのおっぱいをごくごく飲んでた。
他にも見に来ていた小学生の男の子が、一匹を優しく寝かしつけていました。
飼い主の方のお知り合いにもう貰い手が決まっているそうです。
こういう和が広がるのは幸せだよね。
2007-06-24 日 16:18:08 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。