■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
梅雨明け!じゃないらしい・・・
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
やっと全部の山が見える、晴天の日でした。
こういう日に休みはうれしいですね。
でもまだ梅雨明けじゃないそうで。
八ケ岳は山の景色がすばらしいので、よく「こういう山が窓から見えるところに住みたい」という人がいます。
でも実際こういうところで暮らしていると、自分が歩きながら少しずつ動いていく景色に感動を覚えるもので、窓から同じアングルで見てても数ヶ月で飽きるのがオチです。
景色は絵ではなく、風の感触や音、太陽の暖かさ、水の冷たさ、草や稲の匂いなど五感で感じるものなんじゃないでしょうか。
それからよく山をクローズアップして山の姿だけ写真におさめる人がいますが、単純に好みの問題として、私ならそこに生活のドラマを見たい。
だから雲があったり、山の手前の田園や家、人の動いている姿、そういうものも総合的に映し出されているものが好きですね。
家は別に茅葺き民家じゃなくてもいいんです。
ビニールハウスだろうと新建材の家だろうと、そこで実際生活の営みがなされている。
まあ田園の中にいきなり超高層ビルが建ってたら、さすがにちょっと違うかな、というかなにか別のストーリィになっちゃうかなという気はしますが。
ということでよくお墓や石像を風景の中に入れます。
お墓は人の営みの原点ですから。
今回の写真はイマイチ。とりあえず久しぶりに山がきれいに見えたので撮ってみた。070724



石のある風景 | 20:15:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。