■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホースショー前夜
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
明日は小淵沢のビッグイベント「八ケ岳ホースショー」の日です。
毎年私が所属する和太鼓保存会「淵の音太鼓」は前座で出演しています。
私にとっては5回目、今年こそは満足のいく演奏ができるといいです。

演奏する曲は2曲。
『淵駒(ふちこま)』幻の名馬と呼ばれる甲斐駒が戦国の大地を駆け抜ける姿を表現した曲。淵の音太鼓が必ず演奏するチームのテーマ曲でもあります。三連符で騎馬隊が順番に出てくる緊張したシーンから合戦への行進、そして笛の音とともに悠々と大地を闊歩する姿、最後は大団円となり勝どきをあげる。まさに今放送中の「風林火山」にぴったりの曲です。
『神(しんらい)』神の声を意味する題名。遠く近く、時に威圧的に時にひょうきんに、硬軟とりまぜた表情豊かな「神の声」。一神教のそれではなく、日本古来の八百万の神とも解釈できるのでは。
淵の音太鼓はこの2つの曲ともうひとつ『蹶然』という大曲があり、3つで組曲になっています。なかなか3曲全部を演奏する機会がありませんが。
作曲は甲府市無形文化財・天野宣さん。
70歳を越えた今でも現役で和太鼓バンド阿羅漢を率いて活躍中。
全国の門徒に、その地域の活性化と太鼓の役割を指導して歩いていらっしゃいます。
以上、にわか曲解説ですが、知っておくとけっこう楽しめるかも。

今年は新メンバー・ツトムさんのデビュー。まずは「淵駒」で。
私ももう「一番初心者で~」なんて甘えてられませんね~。
今年は「風林火山」主演の内野聖陽さんもホースショーにゲスト出演されるということで、控え室近くとかで会えないかなぁ。きゃーどーしよー♪

もとい・・・やっぱり小淵沢は北杜市の中でもちょっと違う、と言わせるほどの華麗な馬の祭典。
太鼓ともども、どうぞお楽しみに。

7月28日(土)
山梨県馬術競技場にて
太鼓演奏は18時25分より

ホースショー



和太鼓・祭り | 23:39:45 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
明日小淵沢に立ち寄るというのに、タッチの差でホースショーが見られないとは残念!来年はホースショーめがけて行きましょう。
2007-07-28 土 11:50:16 | URL | いくちゃん [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-07-29 日 00:05:51 | | [編集]
昨日のホースショーはお天気もベストでした。
開催が危ぶまれた今年でしたが、北杜市長が「末永く続く」と公約(?)してくれたので、また来年も開催できることと信じてます。
ぜひお越しください。
2007-07-29 日 12:52:38 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。