■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
躑躅ヶ崎館に鬼が来た!
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
漆黒の闇の中、怪しい灯明に照らし出された異形の者の影。
風林火山館2

シテの暗黒面に対し、ワキは怒涛の赤面。
風林火山館3


武田信玄の本拠地・躑躅ヶ崎館を模した大河ドラマ用セット「風林火山館」にて行われたライブイベントの模様。
8月1日より夜のライトアップイベント「風林火山館・戦国夏まつり」が始まりました。
戦国当時の灯明の明るさをイメージした照明のもと、毎夜ライブやコンサートがあります。
初めての週末となる今日は天野宣&阿羅漢の皆さんの和太鼓演奏。
家族全員で浴衣で聞きに行きました。
「おにがきたよ・・・」
娘は眠いけど怖いの半分、見たいの半分。

天野宣さんは私たちの太鼓の師匠でもあります。
阿羅漢は天野さん率いるプロの和太鼓グループ。
勇壮だと思い込んでいる太鼓の音ですが、それ以外にも祭りや西洋の風情が盛り込まれていて、表情の豊かさに感動します。

風林火山館1

ぼわーっとほのかな照明も怪しさを演出。

太鼓は本来神にささげるもの、という解説あり。
神にささげ、生きるを喜び、異形の姿でうごめく。
こんな演奏が入館料(300円)だけで聞けるなんんて。
ぜひおでかけあれ。

ちなみに20日は北杜市内太鼓グループも加わっての大演奏会。
小淵沢の淵の音太鼓から私も出ます。


和太鼓・祭り | 00:42:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。