■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
にわか鉄道ファン
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
この夏、私はにわか鉄道ファンになりました。
正確にいうと鉄道写真ファンです。
鉄道はもともと好きで、マイレージよりVIEWCARDポイントためてグリーン席や新潟の地酒もらうほうがうれしいし、時刻表も一時期は毎月買っていました。
今回おこがましくも仲間入りさせていただいたのは、鉄道写真撮影です。
発端は小海線・ハイブリッド車両。
先月、営業車両として世界初の、ディーゼルと蓄電池による省エネ車両が小海線で始動。
このニュースを勤め先で発行する情報誌の記事にしようと、取材のため小海線の写真を集めることにしたというわけです。

小海線は鉄道ファン、写真ファンの間で根強い人気。
雄大な山景色と広大な田園を背景に、たった2両のディーゼル車(頭に電線がないからすっきりした姿)が走る風景はまことに絵になります。
でもなんとなくオタクっぽくない?と、休日になるとわらわらと集まってくるカメラマンたちを横目で見過ごしていました。
ごめんなさい。私が間違っていました。
こんなにロマンあふれるシュミを持つ皆さんを尊敬します。

写真は毎月仕事でたくさん撮っているとはいえ、カメラの使い方は素人。
こんな私でもそこそこの絵になってしまうのですから、やっぱり小海線はステキです。
こうみ1 こうみ2 南アルプスをバックにしたハイブリッド車両「こうみ」
今回のお目当てはもちろんハイブリッド車両。
営業開始したといっても全ての線で切り替わったわけではなく、まだ小淵沢発は日に4本です。
朝10時01分。小諸始発の便が小淵沢駅に到着し、すぐ折り返し運転で10時07分に再び野辺山へ向けて出発します。
というわけで10時少し前にある地点で列車がくるのを待機。
上下線あわせて2回のチャンスにかけます。
そのある地点とは、通称「小淵沢の大カーブ」と呼ばれるところ。
実は小海線は小淵沢ではなく、中央本線の西隣の駅・信濃境から発着させる計画だったのを、なんらかの政治的な理由かどうか、急遽小淵沢に変更したという噂があります。
それで、途中まで作っていた線路を小淵沢駅につなげるため、岩久保区のあたりで大きく方向転換したのが現在の形だとか。
そんないきさつの是非はともかく、小淵沢駅から次駅甲斐小泉駅への車窓は実にドラマチックです。居ながらにしてまるでメリーゴーランドのように南アルプス~八ケ岳をぐるーっと見渡す動画。
今年はそれに加え、水田に大きな稲文字『風林火山』を見ることができます。地元の小学生によって、字の部分だけ穂の色が紫になる別の品種の稲が植えられました。
こうみ3

この稲文字とハイブリッド車両と山の景色を一枚におさめたいと田園を駆け抜け、やっとそれなりのスポットを見つけて列車を待ちました。
天気はまあまあ。雲は多いがかえって夏らしい雰囲気をかもし出し、山の稜線も見えます。
動かざる山の景色に疾きこと風のごとく走り去る列車。
スポットを探す過程と、この一瞬がいいんだろうなぁ。鉄道写真って。

実際に乗り心地も体験してみました。
休日、娘と野辺山まで往復します。
やはり音が少ないかんじ。車椅子でも大丈夫なように入口は低く広くとってあるのも好感がもてます。
窓からは例の稲文字がますますよく見えます。
小淵沢インターのそばを通り過ぎ、森をいくつも抜けて4つめが清里駅。その先はJR最高地点(標高1375m)があり、高原レタス畑の中を抜けて野辺山駅に到着です。
駅舎が「銀河鉄道の夜」のサザンクロス駅を思い出させる、ノスタルジックかつファンタジックなもの。
こうみ4 こうみ5

娘は列車に乗れるだけでむやみにはしゃぐ。
いさめながらも私もわくわく。
大人も子供も幸せになれる、大きな夢をいっぱい乗せた、鉄道の旅。

こうみ6 ハイブリッド車両と従来の車両(風林火山デザイン)
こうみ7 ここから出発、小淵沢駅


八ヶ岳のおすすめ | 23:04:48 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
電車もハイブリッド?!
やよぶさん、こんばんは^^
電車の旅、いいですね~
ムスメさんも喜んだことでしょうね♪
あのニコニコ笑顔が目に浮かびます。
小淵沢の大カーブ、私も今度行ってみようかな。

事後報告ですが、「石あるく」さんを
リンクさせていただきました。
気ままに更新してる私ですが、どうぞよろしくお願いしますね。
2007-08-22 水 01:08:43 | URL | teatree [編集]
やられた~♪
うちもかねがね、ハイブリット車「こうみ」にのったり風林火山を見たりしたいね、なんて言っている間にやよぶさんは、しっかり実行しているんですね。
すばらしい。v-315
この記事を参考にうちも出かけてみようかしら。
旦那もこのページ、しっかりチェック済みでした。「先こされたね」だって。

ほんとは、自分もはやくやりたかったんだな。きっと。
2007-08-22 水 20:33:24 | URL | skippc [編集]
teatreeさん
ふふふ、娘より私が喜んでたかも。
リンク、ありがとうございまーす。
かわいいホームページですね。
すずらん祭りの記事もたくさん書いてあって、初めて参加の人の貴重な感想で、楽しくよませていただきました。
貴HPは石あるくではなくこちらのブログのほうにはらせていただきました。
こちらのほうが動きがあるので。
2007-08-22 水 23:24:12 | URL | やよぶ [編集]
skippcさん
やっぱり話題にはのらなきゃねー。
山の写真はskippcさんに比べればお恥ずかしい限りですが、撮ってる過程が楽しかった。
リンク、はらせていただきました。
2007-08-22 水 23:28:32 | URL | やよぶ [編集]
最初はあのカラーリングを心配しましたが、
写真を拝見して安心しました。田園風景の中、
車両がとってもはえて見えます。(ひいき目かな?)
早く実物を見たい!そして乗ってみたいです!

私もにわか鉄道ファンですが、小淵沢の大カーブの話は
聞いた事があります。
しかしこの話、諸説あるようですね。
八ヶ岳の数々の謎を解く”DEEP協会”このナイスな
ネーミングのページを見るととても興味深い記事が
載っています。

2007-08-24 金 11:53:15 | URL | hs-51 [編集]
hs-51さん
まだだったんですね。
あのあと情熱をおさえきれず、すでに体験済みかと思いました。
http://hs-51.at.webry.info/200706/article_1.html

DEEP協会で検索するとペアハットさんのホームページの一部にきましたけど、そのあと関連記事をみつけられなかった~。気になる・・・
こっそり教えてください。
2007-08-24 金 18:43:35 | URL | やよぶ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-08-25 土 03:24:56 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。