■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
石は石でも・・・
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
小淵沢にあるジュエリー工房「星の花工房」さんと相互リンクさせていただきました。

ため息が出る、ステキなステキな天然石アクセサリー工房です。
石屋で扱う石は基本的に墓石用の石で、御影石や安山岩などの岩石がほとんどですから、大きくて重厚な岩石。
かたやちっちゃくてかわいくてきらきらした宝石。
同じ石でも住む世界が違うもんですねぇ。

でも、石の誕生に思いをはせるとき、何か壮大な物語が詰まっている感じがしませんか。
大昔、地中のマグマがふきだして冷やされて固まったもの(火成岩)、圧力で押しつぶされて固まったもの(堆積岩)、それらがさらに熱や圧力で変化したもの(変成岩)・・・。
人知の及ばぬ力と気の遠くなるような年月の末に生まれた「石」に、魔力を感じるのは、人の性かもしれません。
だから昔からお守りや身を飾るもの、果てはお墓に使われてきたのです。
そしてその石の魅力・魔力を引き出すのは他ならぬ人間。
採石し、削り、磨き、形を整え、現れてきた輝きに意味をつける。

これは鉱物の角をとっただけの宝石石ころ。
この段階だとせいぜい数百円から2000円程度ですが、形を整えてきれいに磨いてシルバーやプラチナのチェーンと組み合わせたりすれば、何万何十万何百万の価値になる。
すべて人間の手作業。
アメジスト カーネリアン クリスタル

↓ランキング応援してね。ひと押しで一票入ります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ 

八ヶ岳のおすすめ | 23:36:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。