■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自宅で十割そば道楽
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
大泉の元・カフェ風音さんがお店を休業して1年になります。
休業したのはこちらにひきとったご両親の介護のため。
あんなに流行っていたお店をスッパリたたんだと思ったら、最近ご主人が画期的なサービスを始めたというので取材に行ってきました。

十割そば麺の出前。
地元八ケ岳産のそばの実を石臼で丁寧に挽いたものをご主人が配達の直前に打ちます。希望があれば配達先でその実演もしてくれます。
注文は2日前まで。ここさえクリアすれば気兼ねのない自宅でゆっくり、おいしいそばが安く食べられます。
八ケ岳にそば屋が多いのは以前このブログでも書いたとおりですが、それらのお店の共通点は量が少なく高いこと。
せっかく来て、この量??というくらい満腹感に欠けるのが、とにかくいつも残念なのです。
自宅なら、そばだけでなく、自分でてんぷらを揚げたり、たきこみご飯を炊いたり、いろんなおばんざいを用意したりしても、そんなにかからない。
まさに画期的な隙間ビジネスといえるのではないでしょうか。

次のような利用に向いています。
1.ホームパーティの話題メニューとして
2.お年寄りや小さな子供をかかえて、なかなか外食できない人に
3.部屋でくつろぎながら、こだわりそばで一杯やりたい人に
今日のウチの夕食の場合は上記全部あてはまります。

そば打ちをする人なら常識なのでしょうが、そば打ちはとてもデリケートな作業。
パンづくりはぐいぐい押してこねてこねてたたきつけて、というのが独断的な私のイメージですが、そば打ちはやさしくやさしく包み込むように混ぜてまとめてのばして切って、と一連の作業を進めていきます。
こういう作業を目の当たりにすると、そばに対する打ち師の「アガペ」にも似た感情が伝わり、こちらにも食する時間そのものを大切にしたいという気持ちが湧いてくるのです。
茹でるのは自分自身。これを面倒がってはいけません。
というより、前述のそば打ち作業を見ていれば、こだわりのそば作りにワンステップ関わることが何か崇高な理想を一緒に追っているようで、おいしさが倍増する気になるから不思議なのです。

そば打ち1 その日の湿度や温度を考えながら手早くしかし根気良く混ぜる。
そば打ち2 力で練らずに少しずつ包むようにまとめながら空気を抜いていったそば玉
そば打ち3 決して力をいれず巻く時のわずかな圧力でのばしていく。
そばうち4 少し太めに切るのが風音流。香りが逃げにくいとのこと。私の好みでもある。
そば打ち5 そして茹で上がった麺。
グラグラ沸騰したたっぷりのお湯に1食分ずつ入れ、箸で2~3回ほぐしたあと浮いてきたやつをすばやくザルですくいとる。所要時間1分たらず。箸でぐりぐりかきまぜたお父さんは切れ切れの麺になってしまいました。

食べ方は自由ですが、風音さんのおすすめはまずそのままで。
それから天塩などを少量振りかけたり。
たれにつけるのはその後、それもどっぷりつけるのではなく先っぽをちょろっと。
「これで旨い酒でもあれば、もう最高ですよ」という言葉に一番反応し、なじみの酒屋(久保酒店)へ直行。
「かくかくしかじかなので、旨い酒ください」と言ったら出してくれたのが横笛のひやおろしでした。
そば打ち7

親も子も大満足!
そば打ち6

手打ちそば「善三(ぜんさん)」
●手打ち十割そば1食分 700円
 つけ汁、茹で方プリント付
●出張先そばうち実演 所要時間約30分 2500円
※ただし出前は北杜市内のみ、注文は2日前まで、5食以上。
TEL:0551-38-1230(カフェ風音)

↓ランキング応援してね。ひと押しで一票入ります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

八ヶ岳のおすすめ | 23:53:49 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
わー、これは耳寄り情報。
うちの場合もう歩きで出前していただける地の利です!
2007-10-23 火 08:30:50 | URL | Kauri [編集]
小学校の先生をされてたご主人ですね、お元気そうで何よりです。
以前、小淵沢に少し寄った時のこと、たまたま食事に入ったのが「風音」さん。

少々アレルギー体質の息子は当時1歳半で卵も全くダメ。
卵料理がオススメメニューとも知らないで突然お邪魔したにも拘わらず、「風音」の方々にはとても親切にしていただきました。

シェフ(ご主人の息子さん)が即座に特別メニューを用意してくれたり、料理を待つ間、ご主人お手製のオモチャで息子が相手をしてもらったり。
更に後日、自宅に地元の美味しい物をセットにして送って下さって、本当に感激でした。

また八ヶ岳方面へ行く事があれば必ず「風音」さんにお邪魔してお礼をと思っているのですが、未だ行けないままになってます。

お店は休業中との事で少し残念ですが、新たにこんなオモシロイ事をされてるとは・・・。
その手打ち蕎麦「善三」、味わってみたいものです。息子はまだ蕎麦はダメですが。
2007-10-23 火 21:12:00 | URL | G-L-E [編集]
Kauriさん
>歩いて・・・(笑)確かに!
お客様が多くて、ステキなおうちに住んでいるKauriさんみたいな人にはぴったりのサービスですね。
八ケ岳にはおうちに招く人も多いから、需要も多いんじゃないかと期待してます。
2007-10-23 火 23:50:42 | URL | やよぶ [編集]
G-L-Eさん
風音さんとそんなご縁があったのですね。
あの一家のホスピタリティにはほんとにいつも感動しています。
息子さんは残念ですけど・・・(純国産のそば粉でもダメですか・・・)ぜひ一度ためしていただきたい一品です。
とにかく、あんなにそばの香りが立っているそばはめったにお目にかかれない。茹で方さえ指示通りすれば、コシもあって、極ウマです。
2007-10-23 火 23:59:34 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。