■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
病に学べ!~風邪編~
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
一昨年頃からよく風邪をひく体になってしまいました。
娘が保育園に行きだしたのと同時で、初めの頃は娘とかわりばんこに風邪を引き合っていました。
私の風邪は喉から。
どうも、もともと喉や気管支が弱いのか、まず痛み→咳(全治約1ヶ月)ときます。
風邪をひくのはひくほうが悪い、仕事を休んだり、家事や育児がおろそかになったりして周りに迷惑がかかる、食べ物が悪いんじゃないか、薄着なのがいけないんじゃないか、睡眠不足なんじゃないか・・・
風邪をひきやすい体質というのはとかく肩身のせまいものです。

そんな私の救世主となった、ある記事。
岐阜・加子母での山暮らし家族masanさんのブログへのコメントでした。
ワルツさんという人の書き込みで引用されたサイト、転用させていただきます。
http://www.mitomo.com/doc/c43.htm
http://homepage1.nifty.com/iberia/column_kaze.htm

ところでインフルエンザの場合は、他への感染力も強いし、タミフルという抗ウイルス剤も出ています。
もちろんタミフルも特効薬ではありません。あくまで増殖を抑えるだけ。
それも発症後48時間以内に飲まなければ効果はないそうです。
タミフルと異常行動の関係が疑われて大きく報道されたので、この程度の知識は私でも持ってました。
昨日、午後にわかに悪寒がしてきて、全身の痛み、激しい頭痛、眠気(倦怠感)が一気に襲ってきました。
こんなに急変するのはもしやインフルエンザ??
インフルエンザなら日常生活への影響をできるだけ少なくしたいから薬を使ってでも早く治したい。
昨日は日曜日でしたが、救急で見てもらえそうな病院を探しました。
須玉の市立塩川病院が受け入れてくれました。ちょうど内科の先生が当直とのこと。
問診とインフルエンザ検査。
結果は陰性でした。
「症状からしてインフルエンザを疑うのは正しい判断だったと思いますが、違いました。
となると、考えられるのはただの風邪、というところでしょう。
処方する薬としては、解熱剤、胃薬(解熱剤で胃をいためることがあるので)、鼻炎の薬、抗生物質(抗生物質は風邪には効きませんが、肺炎を併発したとき効果があります)、気管支拡張剤などです。どこまで必要かは本人の判断しだいです」
つまりいつももらうのと同じってことです。
こういう説明をしてもらったのは初めてです。
いつもは「これ出しときますから」ですまされて、いろいろ持たされたのですが。
「インフルエンザではないことがわかれば、何もいりません。おとなしく寝てます」
今回はきっぱりこう言いました。
すると塩川病院の内科の当直の先生は
「それが一番ですね。まああまり苦しければ市販の薬を飲むのもいいでしょう。」

ふらふらしながら家に帰って、前述のリンクにあったとおり、
おかゆを食べて(おなかがすいていたのでけっこうたっぷり食べちゃいましたが)
熱めの風呂に入って、生姜湯を飲んで、「篤姫」を見ながらしばしの体温調節をはかり
あとは一気に寝てしまいました。
夜中にいっぱい汗をかいて、朝になったら幾分頭痛は残っていたものの、午後にはかなりよくなっていました。
つまり会社を休まなくて済んだということです。
この方法は今までで一番効きました。

ありがとうmasanさん、ワルツさん。
それにしてもインターネットでどれだけ「風邪」を調べたか。
便利な世の中だ~。

いままでで一番最悪の治りぐあいだったのは、注射です。
「注射するとすぐ元気になるわよ」というウワサを頼りに注射を打ってもらいましたが、
これが最悪。
病状がよくならないどころか、倦怠感は強くなるし咳鼻水は増えるし。
結局長くかかってしまいました。

結論。風邪はリセットボタン。

↓ランキング応援してね。ひと押しで一票入ります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

食事とからだ | 02:04:39 | Trackback(0) | Comments(7)
コメント
塩川病院の内科当直医は、単なる風邪でも説明が行き届いていて、恐らくもっと心配な病気に対しても納得いく説明があるのではと想像できました。その説明に対して、「なにもいりません」ときっぱり言えたのもいい患者であったと思います。いいドクターに巡り会いたければ、いい患者であるように、患者側もいろいろ学ばなければいけないと思いました。
と思う反面、殆ど風邪対策をしていない私ですが、何年来風邪で寝込むことがないのが不思議です。よっぽど鈍感な神経と身体なのでしょうね。
2008-02-26 火 11:09:03 | URL | いくちゃん [編集]
お大事に
風邪ってつらいですね~。
治ったと思っても意外とぶり返すことがあるので、油断しないでぬくぬくしてくださいね。
私の家はだいたい夫が先にひきます。(笑)
それにしても、病み上がりなのに、こんなにたくさん風邪についての考察を書くなんてすごい!
そこにも大変感心しました。
2008-02-26 火 13:53:41 | URL | Fumika [編集]
「どこまで必要かは本人の判断しだいです。」とは、もしかしたら、やよぶさんを見て、この人ならこんなことを言っても大丈夫分かってくれる、と思っての言葉だったのかなあ、なんて思います。

たいがいの人は、お医者さんに行って薬を処方してもらって、それで安心するのではないでしょうか。

風邪ならば、薬を飲まずに、ゆっくりして治す、そのことが一番の策であると、自分の体で分かったやよぶさんはすごい。
2008-02-26 火 15:13:01 | URL | 石神バーバ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-02-27 水 11:18:37 | | [編集]
いくちゃんさん
そうですねー。
病に勝つには病を知ることだと思いました。
いくさと同じですね。
ここ2年ほど風邪の知識だけはつきましたよ。
2008-02-28 木 00:08:00 | URL | やよぶ [編集]
Fumikaさん
私もぶりかえすことがよくあったのですが、
意外と薬をまじめに飲んでいたときだったような気がします。
今回は熱い風呂と睡眠が劇的に効いたので、今まではなんだったんだろう、というかんじです。
ご主人、そういえばけっこう敏感な方ですよね。お大事に。
2008-02-28 木 00:12:34 | URL | やよぶ [編集]
石神バーバさん
いえいえ、先生の器量がおおきかったのだと思います。
時間外診察なのに、ここまで丁寧な言葉をかけてくれる。
公立病院であることもよかったのかな。
日本の医療も変わってきましたね。
2008-02-28 木 00:17:46 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。