■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
商人気質
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
リタイアしたある商社マンの話。

私が関西出身だというと、
「関西はいいね。私は関西で商売の真髄を教わったんだよ」
昭和ヒトケタ生まれ、山梨県中部出身。
幼児期少年期を戦争の激動に過ごした世代。
戦後は役人として働いていたが、汚職の充満にイヤケがさし大手商社へ入社。
大阪支社(本社?)に勤務。

彼いわく、大阪商人は真のあきんどだそうだ。
彼らは根っから商売が好き。
「ウチラも儲ける、オタクも儲ける。英語でいうwin-winだね。
情にも熱い。この人、と見込んだらとことんアプローチして買ってもらう。
東京は冷めてるからね。買いたきゃ買えば、というところがある。
ただし、厳しい面も持ってるよ。
それじゃオタクに売りましょう、と握手して分かれるでしょう、その直後ですら電話で
『やっぱり別の人に売ることにしました』。
つまり、そっちの人のほうが高く買ってくれることになったんだよ。
ひどい話と思うかもしれないけど、それこそ商売の基本だね。」
裏表なくストレートに条件を相手にぶつける。
パッションとシビアの共存する気質。
「ほんで?なんぼマケてくれるん?」の世界。

大阪商人はユダヤ商人に通じるところがあるんだそうだ。
頭がよく、緻密な計算のもと本物を見分ける。
絶大な説得力のもと最高の条件で商談をまとめる。

なかば高揚しながら商売について語る、元商社マンの翁。
自らの出身である甲州商人については?
「『天井のない萱を売る』という話は有名だね。
よそものだとわかると愛想よく近づいていってロクでもないものを売りつけるところがあるよ。」
自嘲気味。

山に囲まれ行商の道を歩んできた甲州商人。
交通の要所で、物資が自ずと集まってきた大阪商人。

それぞれの特徴を体でとらえて半世紀かけて商売を極めた好々爺の口調が、小気味良かった。

↓ランキング応援してね。ひと押しで一票入ります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ 

伝統文化について考える | 23:30:29 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
私も甲州人
「県民性」ってテレビでも番組ありますね。
って、ほんなこん言っても私も甲州人じゃんけ~。
山に囲まれ資源の乏しいこの地域性が、「甲州商人の歩いたあとは草もはえない」と周辺県からいわれる所以でしょうか。
それから、武田信玄の勢力拡大の歴史が、恨みをかっているのでしょうか。他者を容易に受け入れない「無尽」なる団結が災いするのか。
ま、いっか。今となっては。。。

個人的には、「名古屋で商売できればどこでもできる」ときいたことがあります。名古屋の人は東京の人よりキビシイと思われる・・・。

そうそう、昨晩の夕食「ハートランド」さんに行ってきましたです。小鉢の多さに、ビ・ツ・ク・リしました。自分じゃできんじゃん、ね。

2008-03-23 日 13:01:52 | URL | ぽんたやっこ [編集]
ぽんたやっこさま
関西人のくせに、私は関西の仕事のやり方を知らずに来てしまいました。
おしの弱いのは新卒採用が東京だからかなあ。
ま、個人の性格もありますが。
名古屋の人もキビシイ、ってきいたことありますね、確かに。
甲州でこれからもやってくしかないから、いいとこはまねしようと思いますが・・・。
2008-03-27 木 00:33:02 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。