■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
石釜火入れ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
カフェピアニッシモに置かせていただいた、石釜の火入れをしました。
石釜火入れ1
この釜は調理室と薪室が分離したもの。
下でぼうぼう火を燃やし、上部の調理室を温めるところから始まります。
石がしっかり温まれば、遠赤外線効果が高まり、外はカリッ・中ジューシーなピザが出来上がるというもくろみなのですが・・・
やはりこれだけの大きさだと温まるまでにけっこう時間がかかるよう。
はじめのうちはまだまだ火が通ってないような焼け方でした。
薪点火から約2時間、ようやく理想的な状態に。
急いでいるときは、調理室に直接薪をほおりこんで、とにかくガンガンに石を焼くことが大切、という極意もわかりました。
楽しんで使ってくれたピアニッシモのマスター&お客様方に感謝です。
どんどん使い込んでくださいねー。
まずはイベントのときに。

石釜火入れ2 調理室にピザを入れた様子。
石釜火入れ3 できあがったピザ。
生地もペーストも具もいいから、少々焼きが甘くてもおいしい!
トッピングやサラダのハムやソーセージは、ハム日和さんのを使いました。
後半は焼き具合もカンペキで、極ウマでした。

石のある暮らし | 13:35:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
大谷石なんですねえ。
まあ、憧れの石釜。
大谷石なんですねえ。

おいしそうなピザ。

石を温めて庫内を熱くするのですね。
あこがれなんていいながら、しくみをよくわかっていませんでした。

うちでも作ってほしいなあ。
2008-11-08 土 10:57:55 | URL | 石神バーバ [編集]
石神バーバさま
石神バーバさんには絶対お勧めですよ!
おいしいパンができるんだろうなぁ。
大谷石とか白河石とか凝灰岩っていいですね。
2008-11-09 日 11:09:04 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。