■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
うぐいすの声・・・
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
雇用保険でカバーしてくれる産休期間が明け、1才を過ぎたTazも慣らし保育期間を過ぎ、
いよいよ仕事再開モード・・・。
とはいっても当分フルタイムでは戻らず、雑誌編集の請負仕事と石屋の手伝いの二足わらじでのスタイルです。
9時過ぎに保育園の送りから帰ってきて、4時にはお迎え。
昼食や片づけをのぞくと正味5時間の労働時間。
締め切り前はそれではとても間に合わないので、深夜に集中したりすることもしばしば。
というわけで、2~3週目はまったく余裕がない。
気が付いたら先週1週間のブログ更新が手付かずでした~。

10日ほど前のネタですが、宅建主任者資格更新のための講習に行ったときのこと。
午後の部で、裁判事例に基づく講義があったのですが、
その弁護士の先生のコメントが最高でした。
都会のマンションで隣人が迷惑行為をして他の住人が出て行ってしまったことについて、大家は損害賠償を請求できるか、というような事例を話していたときのこと。
「やっぱりねー。人が多く住んでいればいろいろもめごともありますよ。
昔からね、こういう言葉があるんです」
といって紹介してくれたのが

うぐいすの 声を聞こうと思ったら 酒屋に三里 豆腐屋に五里

うぐいすの声が聞けるくらい静かでのんびりした生活を送れる場所は、酒屋に3里離れ、豆腐屋に行くに5里歩くような辺鄙なところだ、という意味だそうです。
つまり田舎暮らし。

利便性をとるか、心の豊かさをとるか。
究極の選択ですが、いいたとえですね。

こんな詩的なことばを、まさか主任者講習会で聞けるとは思いませんでした。
いや、いっぺんで目が覚めました!

伝統文化について考える | 01:43:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。