■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
七色の声
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
Mooはもうすぐ5才になります。
最近の会話の発達にはめざましいものが。
もともとおはなしが早かったのですが、もうフツーに茶のみ友だちのような会話をしているので
時々笑ってしまいます。

本が好きなのは、うれしい限りです。
「絵本の読み聞かせはなるべく想像力を養わせるために、ヘンに感情をいれないようにすること。
声色を使い分ける必要もありません」
何かの育児書か絵本指南書で、そんなことが書いてあったような気がします。
とにかく、ゆっくり、読むこと。 だそうです。

そんなこと言われても、寝る前に(本を読んでやるのはたいてい寝る前)そんな淡々と読んでたら
こっちが寝てしまう!
それにセリフ読みみたいにしたほうがおもしろいやん!
そんなわけで、私が読むときはかなり抑揚をつけて声色もかえて読んでいます。
どうもそんな性で。そうしたほうが自分が楽しいんです。

そんな読み方が子どもの情操教育に正しいかどうかはわかりませんが、
ウチの子は自分で読むときも劇的に読みます。
最近はひらがなカタカナ簡単な漢字の混ざった絵本を一人でどんどんページをめくっていってしまうのです。

先日「おたんじょうびに」と本をプレゼントしてくれた人がいました。
「いそっぷのおはなし」
イソップ寓話が9つ入っていて、どのお話も1~4ページ完結。
絵が斬新で、お話が短くて、一回読むだけでほとんど内容を覚えてしまえるほど。
・・・と思ったら、まだ読んでない回まで目をとおして、私にあらすじを教えてくれます。
すごい。
しかも声色つかって。
斧を落としたきこりの前に現れる神様は、私の記憶では確か女神だったと思ったけど、
この絵本では巨人の男神。
まだ読んでやってないのに、勝手に神様のセリフは声を低くして、威厳をもった口調に変えてくれます。
ちゃんと自分の経験値の中で、役柄をつかみ、再現できてるというわけです。

これでもやっぱり絵本は感情入れて読まないほうがいいのでしょうか。
こんなことできちゃう子どもを見てるほうがおもしろいです。


『いそっぷのおはなし』のレビューはこちらもどうぞ。
むうた♪えほんの部屋 読みきり感覚の潔さ「いそっぷのおはなし」


子育て | 00:11:19 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
いいんです。
同じようなこと、私も、子ども文庫を開いている方の講話で聞きました。
みんなの前で読むときも、子ども達の方は向かないほうがいい、とも。

でも、同じく、わたしも、抑揚つけるし、声色変えます。そのほうが、こっちも楽しい。

MOOちゃんの読んで(語って)いるところ、聞いてみたいです。
2010-02-10 水 18:12:30 | URL | 石神バーバ [編集]
石神バーバさま
石神バーバさんもですか!
よかった。
それにしても「子どもたちのほうは向かないほうがいい」という指導もあるんですねぇ。

久しく貴ブログも拝見できてません~。
仕事が一段落したらブログ三昧します。
2010-02-11 木 00:00:16 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。