■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大祭前夜!
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
「七年に一度の天下の大祭-信州諏訪御柱祭」
いよいよ上社の山出しが明日に迫りました。

小淵沢は長野県との県境にあり、石屋の先代はもともと富士見町の出身。
我が家も半分は信州人の気分。(正確にはクウォーターだけど)
私がヨメに来てから2度目の御柱祭が始まります。

今年は見に行きたいと思って、昨年新しくなった「木落とし公園」へ下見。
木落としは御柱祭最大の見せ場。
よく写真に出てる勇壮なシーンはここです。

新しくなった「木落とし公園」。
0401木落とし公園1
0401木落とし公園2 0401木落とし公園3 0401木落とし公園5

傾斜も前よりきつくなり、より勇壮な姿が見られるというわけ。
・・にしてもすごい傾斜だ。
まさに「諏訪の男の腕っぷし」を試される場。

この公園の、坂のてっぺんからふもとの間、少してっぺんよりのところに小さな東屋があります。
この東屋の地面の貼り石を当店で行いました。

0401木落とし公園4
真ん中の黒っぽい部分を請け負いました。
灰色の御影石をビシャン加工したもの。
この石たちだけ、特等席で御柱をおがめて、いいなぁ。


和太鼓・祭り | 01:07:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。