■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
井戸尻お花見
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
季節はずれの雪が降った朝。
宵のうちからみぞれが降り始め、朝には一面銀世界に変わっていました。
0417なごりゆき1
0417なごりゆき4
昔は連休直前まで雪が積もることもしばしばだったというから、地元の人は昔を懐かしんでいるかもしれません。

八重桜もカイドウもこのとおり。
0417なごりゆき2 0417なごりゆき3
咲きかけていたところへ天からの思いがけない歓迎を受けました。

さて、路上はもう既に雨上がり状態。
低いほうへジャージャーと流れて、既に乾いているところも。
スタットレスタイヤをはいていないデミオくんですが、予定変更することもなく、お出かけ決行しました。

富士見方面の桜を下見。
今年も石と桜の景色の写真を撮りたいので、今からお気に入りスポットにあたりをつけます。
富士見も標高900mくらいまでのソメイヨシノは満開でしたが、
お目当ての小六の神社はまだでした。
0417小六

午後、すっかり雪が解けて陽光そそぐ井戸尻考古館へ。
ここには石器材料となった岩石が前庭にすえてあるのです。
ちょうど桜の真下。
0417井戸尻花見1
0417井戸尻花見2

石器時代も縄文時代も桜を愛でていたんだろうか。
0417井戸尻花見3

石のある風景 | 23:10:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。