■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ツバメの子
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
ツバメは5月ごろと7月ごろの2回、卵を産むようで、今はその2期目。
産卵は通常5つ。

今年もウチの軒下にツバメが巣を作りました。
南側の縁側の上に作っていたのが、去年くらいから北側を好むようなっています。
縁側の上では私たち人間の出入りが必要以上にうるさかったみたい。
北側では適度に人間の気配を外敵に感じさせながら、直接自分たちには影響しないのがよかったのでしょうか。
商店街のお店出入り口に堂々と作っているツバメもいるというのに、ウチを選んだツバメはぜいたくなもんです。

でも実は、今年の巣は意外なところから巣の中をのぞくことができるんです。
その巣は去年のツバメが作った中古物件で、新しい巣をつくる手間が省けた、といわんばかりにちゃっかり入居。
その様子は家の階段なかほどにある小さな小窓から丸見えです。
人間に、高い位置から見下ろすように覗かれていることを、このツバメはあらかじめ知ってたのかどうか。
階段を登ってきた内部の人間の気配を感じるとすぐ、抱卵していた親鳥はそそくさと逃げていってしまいます。
「なんにもしないよー」と言ってみるのですが、当然通じない。
うずらの卵のようなまだら模様の小さな卵たちを置き去りにして逃げて、巣の周りを旋回しながらピーピー騒いでるんですから、「しっかりしてよ」といいたくなります。

まあ、そんな風にして、今回ツバメの子育ての様子は毎日つぶさに観察することができます。
昨日、5つの卵が孵っていてふわふわのうぶ毛がついた小さな雛が巣の中でうごめいていました。
ツバメの子1 ツバメの子2
ツバメの子3 ツバメの子4
相変わらず親鳥は用心深く、人が家の中から覗いているという気配を感じて、私たちが見てる間は近寄ってきません。
ほんの一瞬、1秒足らずの時間で、えさを雛の口のなかに押し込んでいるようですが、
決定的なシャッターチャンスはなかなか訪れず。
せめて子どもたちが日々成長していく姿を、2階にあがるついでにそっと見守る程度です。




家づくり | 21:55:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。