■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
言葉のキャッチボール
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
言葉を誰かに届けるやり方はいろいろある。
文字を使わない、会話の場合でも千差万別。

相手の目を見て言う。
耳元でささやく。
そっぽを向いてはき捨てる。
あたまごなしにどなる。
抱きしめながら背中越しに語る。

昔、お芝居をかじっていたとき、言葉のキャッチボールを練習した。
なにかを言いながら、実際にボールを相手に渡してみる。
言い方によって、ボールの投げ方も変わる。

忙しくて、もしかしたら忙しがってるだけで、
言葉のボールをちゃんと相手の手の中に手渡すことが少ないかもしれない。
ボールを投げて、拾わせる、取りに来させる行かせる、投げておいてそのままになってる・・・。
相手のボールもちゃんと受けてあげない、拾ってあげない・・・。

メールや掲示板やつぶやきや、時間差返事がOKなツールが増えて、
自分の都合のいいときだけ受けたり発したりできる世の中になってきてるけど、
子供との会話までそんな風になっちゃいけない。
話をきいてほしいときに「今忙しいからあとで」
遊びに夢中になってるときに「今日どうだった?」
そんなんじゃグレちゃうよなぁ。

・・・と反省するのも、都合のいい時間だけだったりして・・・(汗)

ところでツイッターって、特定の相手へのつぶやきも自分のタイムラインに出るようになってるのね。
もちろんつぶやいたことは相手に通知が行くけど。
これってキャッチボールどころか、ハンカチおとしのよう。

伝統文化について考える | 12:24:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。