■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
21世紀の縄文人展のポスター
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
「21世紀の縄文人展」もうすぐ、8月2日から開催します。
昨日はそのポスターが刷り上ってきたので、詩游館のおらんうーたんギャラリーに取りにいってきました。

縄文人展の開催は今年で3回目。
八ケ岳南麓には縄文時代の遺跡が多いことで有名。
谷戸城のそばにはそういったことを学べる考古資料館があります。
でもなんだか固そう、はっきり言ってあまり人がにぎわう場所じゃない・・。
そんな課題もあってか、縄文文化と現代のクラフトアートをつなげよう、という企画がこの展覧会。
八ケ岳在住のクラフト作家集団・おらんうーたんの有志による作品展です。

「縄文」がテーマ。(あたりまえか)
いろんな素材の作家さんたちがいるので、それぞれの分野から感じる「縄文」が表現されています。
縄文時代の何かを忠実に再現しようとするのではなく、
あくまで、「こんなこと考えてたのかな」「こんな生活してたのかな」「こんな恋愛してたのかな」というような世界観です。

ウチも今年は参加することにしました。
石という素材を使った作家はいないので、みどころ、だと思います。

テーマは
「一億年の魄、一万年の魂」
先人たちの祈りは現代よりもずっと尊く、純粋であったろう。石の中に秘められた想いをどこまで創出できるだろうか。

(パンフレットに載せた作家のことばより)

魂魄とは中国の道教の考え方で、
「魂」と「魄」二つの存在を表した言葉だそうです。
魂は精神を支える気、魄は肉体を支える気。
また日本国語大辞典では
魂は心、魄は心のよりどころとなる形あるもの。とあります。あ、こっちのほうが気分的に近い。

つまり、石という無機質なものに、心(先祖を敬う心であったり、愛しい人を想う心であったり)を重ねることで、人間だけが営んできた「祈り」の表現しようというわけです。
一億年かけて形成された<石>に、<一万年>前の人々がこめたこころや精神。
(だけど、イマイチ弱気な「どこまで創出できるだろうか」の疑問形・・・)

お墓や墓石軽視の世の中ですが、人間のもっとも人間らしい部分の表れなんですよね、お墓を石でつくるって。

いろんな素材の縄文の世界、石作品も含めてぜひ見に来てください。
初日の8月2日と最終日の28日には作家が語るギャラリートークがあります。

期間:8月2日(火)~28日(日)月曜休館
場所:北杜市考古資料館(大泉町・谷戸城そば)


アート&クラフト | 13:24:18 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
縄文人
準備ちゃくちゃくですね!

いきたいけど・・・
遠いなー
つてないかな

http://yatsunet.weblogs.jp/kumaburo/2009/08/21-6f13.html
2011-07-20 水 18:36:14 | URL | マダムMOO [編集]
マダムMOOさま
電車で石屋まできてくだされば、お送りしますよ。
一緒に行きましょう!
2011-07-21 木 10:57:07 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。