■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
縄文人展、始まりました
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
「21世紀の縄文人展」が始まりました。
「縄文」をテーマに、いろんな素材のクラフト作家が作品を出品する展示会です。
石あるく若だんなの作品も何とか間にあいました。

初日の1時から作家たちが集まって作品の解説を行う、ギャラリートークがありました。
作家たちの解説の後には学芸員さんのコメントも。これが興味深い。
縄文人展1
たとえば家具の清水さんの作品の場合。
木の木目がより顕著に出ている素材を使ったベンチについて。
縄文の人たちも木目の美しさ(あるいは個性的な特徴)に何かを感じていたかもしれない、という作家の思いに対して、
木のような有機物は遺跡としてほとんど発見されていないのでなんともいえないが、
木を伐りだしたり加工したりする技術はあったのが確認されている。
その中で木の特徴を意識する機会は十分にあっただろう、という学術解説。
縄文の文化の、とてもいい勉強になりました。

今回出品しているのは10人の作家。
ちょっと少ない気もしますが、その分一つ一つをじっくり見ていけそうです。
見る人が自分の持つ「縄文感」を思い起こし、それに一番近いものを探したりするのも楽しみの一つかも。

さて、若だんなは2点出品しました。
縄文人展2
普段あまり見ない、抽象的な造形。
めずらしくよくしゃべって、作品解説していました。
「縄文時代は暮らしが豊かだったと聞く。四季の恵みに育まれ、自然を畏敬し、生きるものの生と死を何よりも神聖なものとして感じる、そんな精神の中から生まれた祈りのこころ。それを表現してみました」
実物は見てのお楽しみ。
ぜひ資料館へ足をお運びください。

21世紀の縄文人展
8月28日(日)まで
北杜市考古資料館(月曜休館)


9月のオープンアトリエ宣伝用の、各素材で作ったミニハウスオブジェの展示もみどころ!
かわいい!
縄文人展3


アート&クラフト | 00:48:11 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
おめでとうです
開催おめでとうございます。
相棒もよろこんでます。

オープンアトリエ?
石あるくさん内ですか?
2011-08-04 木 06:59:11 | URL | マダムMOO [編集]
マダムMOOさま
ありがとうございます。
そうです。オープンアトリエは普段の製作現場を見てもらうのが趣旨で、工房を開放します。
石あるくは伊藤石材で行います。
9月17~19日。よろしく!
2011-08-05 金 22:20:32 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。