■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
読書の夏
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
えほんブログを更新しました。
課題図書「エディのやさいばたけ」。家庭菜園をするファミリーに1冊、永久保存版として。

そのほかにもMooは学校の図書室からいろんな本を借りてきました。
その中に「赤毛のアン」がありました。
先生に「Mooさんは本が好きだから、これくらいは読めますよ」とおだてられて借りてきたらしいです。
確かに1週間もすると最後まで読んだ、と報告にきました。

もちろん完全翻訳ではなく、低中学年向けの書き起こしなのですが、
それでも厚み2cmはあり、かなり読み応えがあります。
ストーリー全部が理解できなくてもいいとは思ってましたが、
最後アンは看護婦さんになるといったり、ギルバートとは仲良しになったといったり、
当たらずといえども遠からずなのが面白い。
きわめつけは台詞のまね。
「アンはみずうみを『かがやくこすい』ってつけたの。ダイアナはもっとステキに考えればいいのに、ただの『しらかばどおり』ってつけただけなの。あっ、おかあさん、あたししゃべりすぎる?イヤだったらそういって」
・・・十分でしょう。1年生の読書としては。

子育て | 23:50:19 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
おお1年生。

赤毛のアンいいよね。
うちに全巻ありますよー
母の年代物です。

よかったら借りてください。
2011-08-06 土 06:42:24 | URL | マダムMOO [編集]
マダムMOOさま
高学年になったら原作訳をちゃんと読ませたいですね。
ウチの母も大ファンです。
世代的に共通するんですかね。
2011-08-06 土 15:44:20 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

家庭菜園解説、だけじゃない「エディのやさいばたけ」
『エディのやさいばたけ』絵/文:サラ・ガーランド 訳/まきふみえ福音館書店 初版2010年2011年課題図書。図書館では1週間しか借りられないので、結局我が家でも購入することにし ... 2011-08-05 Fri 23:53:54 | むうた♪えほんの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。