■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「まちんと」を一緒に読む
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
えほんブログ更新しました。
「まちんと」
広島で原爆にあった女の子の話。
・・・というと大人はたいてい内容の想像がつきます。
私世代は関わりたくなさそうに目をそむける人が多いし、私の親世代は悲しそうな顔をしたり、妙に使命感に駆られる人もいます。
ましてやこどもは。

小1Mooの初めての夏休みの宿題で「まちんと」感想文を書いてくることというのがありました。
あたらしい本というと、喜んで飛びつくMooが、一度開いたっきり寄り付きもしません。
その理由は「悲しくなるから」。
そう、なんでわざわざ悲しい思いをするために本読まなきゃいけないの。
でもなぜイヤなのか、悲しいのか、そして先生や親が読んでごらん、といった理由を
正直に感想文にかけばいい、と思いました。


伝統文化について考える | 00:31:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
「ふたりのイーダ」を読んだ
夏休みを思い出しました。
2011-08-21 日 04:17:53 | URL | マダムMOO [編集]
マダムMOOさま
そう、その「イーダ」と同じ人ですよね、絵は。
イーダはちょっとミステリーっぽくて、でも子どものときに読んだ当時はやっぱりこわかった。いすがしゃべるんだもん。
2011-08-24 水 11:51:30 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。