■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2012年初日の出
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
2012年、初日の出はうす雲をまとった空の中でした。
薄紫の雲の中に富士山が見えます。
2012日の出1

冬休みの宿題「年末年始にしたこと」を書くためもあって、Mooにめざましをかけさせ、二人で見ました。
(今の時期の日の出は7時頃。でもウチは普段朝寝坊だから、めざましは必需品なのです。)
2012日の出2

比較的暖かい日。とはいってもマイナス3度くらいにまでは下がってます。
何事も五感で味わうことを意識するよう、実家のじいじの言いつけです。

雲の中の日の出と空の色。
遠くで聞こえる冬の風音とカラスの声。
冷涼な空気の中で吸う朝の里山の匂い。
思わず垂れる鼻水の味。
手袋を忘れ、ポケットの中で合わせたときのお互いの手の感触。

Mooは何を感じたのでしょうか。
感じたことを言葉にさせる雰囲気と余裕を与えられたかどうか・・・・。
五感で感じるのは動物でもできること(むしろ動物のほうが敏感)ですが、
それを言葉にする技を持つのは人間だけ。
その言葉を持たせるのが教育、と法光寺の龍澤住職のお話が思い起こされます。

今年はいい年になりますように。

伝統文化について考える | 23:56:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。