■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第1394回「ホワイトデーのお返ししましたか?」
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
バレンタインに同級生に手作りの友チョコを配った1年生のMoo。
男の子も数人入っていました。
本命1人、とかじゃないけど、それでも同級生の男子全員に渡すでもなく、
微妙に数人選んだところが、おもしろいです。
学校には持っていっちゃいけないと思ったので、バレンタインの日は二人で配りにいきました。
その前日に家でチョコ作りをしました。

そうやって先月まいた種が今日はいっせいに花開きました。
男の子たちが義理がたくお返しをくれたのです。
もちろんこれも親御さんが車で一緒についてきてくれました。
小さなpp袋やペーパーバッグに入ったかわいいチョコやクッキー、マシュマロ。
中には手作りのものもあったりして、やっぱりその男の子とお母さんが前日作ってくれたそうです。

親が付き添って動くけど、肝心な渡すシーンでは子供同士ががんばります。
「バレンタイン、ありがとう」「(お返し)ありがとう」とまるでセリフを言うような調子で
照れながら受け渡ししていて、
その後ろで親がニヤニヤしながら見てる、という、なんともほほえましい(?)光景でした。

親子のつながりのほうが強いけど、友達や異性との世界もひろがっていく年齢。
まだまだそのあたりは親が介入できて、楽しいです。

我が家は娘2人に息子1人。
1才の息子には今から「たくさんチョコもらってきてねー、お母さんとおねえちゃんがぜーんぶ食べてあげるからねー」とけしかけてますが
そうなるとお返しも大変だな。
ほどほどにモテてくれるとありがたいです。

子育て | 16:12:23 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
くぅには将来私からちゃんと愛情こもったチョコをあげるからね(^_-)-☆
2012-03-16 金 15:16:49 | URL | こころ [編集]
こころさん
ありがとう♪
デーメルかアンリシャルパンティエがいいな。
4個入り以上でおねがいしまーす。
2012-03-16 金 22:43:40 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。