■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
月夜の田んぼ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
えほんのタイトルみたいな夜。

午後7時、オレンジ色のきょだいな満月が、水をはったばかりの田んぼに映っています。
月夜と田んぼ

こういう情景、季語ではなんていうのかな。
ことば多き日本人のことだから、きっと季語があるはずだと思うのですが・・・。

季語といえば「ふらここ」という言葉があります。
「ぶらんこ」の昔の言い方で、春の季語です。
数年前やってた俳句会で、「ふらここ」がお題ででました。
私が欠席した会だったかしら、自分がそのお題で詠んだ記憶がないのです。
でも、「ふらここ」が春の季語というのはそのとき知って、すごく印象に残っています。
中国の春の遊びだとか。

田んぼが鏡になって月を映す、という情景を見て、そんなことを思い出したのは
大泉に「ふらここ」という古民家イタリアン食堂がオープンしたからでしょう。
残念ながら、まだ行ってませんが、5月5日こどもの日にあわせたオープンの日に、たまたま通りかかると大勢のお客さんが見えました。
知り合いでもあるオーナー夫妻。
きっと大繁盛まちがいないです。
古民家食堂の名前に「ふらここ」とは、小粋なネーミング。
イタリアンとの接点がちょっとわかりませんが、
「ふらここ」とはポルトガル語源説もあることだし、なんとなくラテンつながりで、遠からずといったところでしょうか。

まだホームページはないみたいなので、知り合いのブログをリンクしときます。
http://www.1029rin.com/banana/20120504145151.html

石あるく | 02:22:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。