■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
金環日食~穴の向こうの景色
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
いよいよ金環日食の日がやってきました。

我が家では早々に日食グラスを購入し、準備万端です。
おまけに前日にピンホール投影機を作りました。
金環日食1

小学校で、早く来た人に日食グラスを貸してくれます。
ウチはグラスはあるけれど、観測気分を味わいたくて、Mooにくっついていきました。
金環日食4

欠け始め。
ピンホールは小さいほど近くに投影できるので、
目打ちで開けた穴φ1mmはみごと80cmほど離れた反対側のダンボール側面にくっきりと映し出されました。
穴の向こうの太陽。
金環日食2

木漏れ日。
金環日食3

ちょうど月と太陽が重なった時間。
小淵沢で7時30分から32分頃。
金環日食7

あたりは曇りとはちょっと違う不思議な暗さでした。
森の中では鳥の声がしなくなったり、
飼っていた犬が外に一瞬出ておびえたようにすぐ中にはいってきたり、という現象が感じられたと
森の中に住む人に後で聞きました。
自然界ではやはり異常事態だったのでしょう。

小学校からの帰り道。
まだ金環状態から抜けてまもない時間。
田んぼに山と民家がみごとに投影されていました。
金環日食5
金環日食6

鏡の中の景色。

伝統文化について考える | 00:15:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。