■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
有機認証店・コーヒーの彩香房
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
久々に旨い店コーヒーを飲みました。
彩香房3

小淵沢の自家焙煎珈琲豆の店「彩香房(さいかぼう)」。
彩香房1

かれこれ10年前からあったお店ですが、なんだか行きそびれていたのです。
コーヒーは大好きなので、すでに富士見と清里に行きつけのコーヒー豆売り屋さんがあるのも、行きそびれていた理由のひとつ。
取材を通じて、やっと行けました。
彩香房2

ここのお店のこだわりは、なんといっても「有機JAS認証」を受けていることです。
有機の認証システムのことはよく知らなかったので、マスターの説明でとても勉強になりました。
有機JASの認定を受けるためには徹底的なトレーサビリティが必要。
コーヒーでいえば産出国だけでなく、農園が特定され、その農法や使用農薬などがきちんと追っかけられること。
さらに自家焙煎の場合は加工場も徹底的に設備を整えること。
彩香房4


彩香房さんは1年ほどまえにJAS認証をとりました。
それ以前からのJAS認証ではない豆も扱っているため、認証豆を焙煎するために非認証豆とはべつの部屋を設けています。
機械や調理器具もそれ専用のものを使用。

「有機JAS認証を受けてるからって、かならずしもおいしいとはかぎらないんですよ。
でも『安心』を形にするためには、証明するものは必ず要るからね。」

あー、これって石屋と同じだなぁ。
石屋も「いい工事します。いいもの提供します」って口で言ったって証明にはならないって思って
ウチは第3機関の認定で証明してもらう、正攻法を選びました。
正攻法をするには裏がとれなきゃいけません。
 ・石工事業の県認可(石工事をするには絶対必要。でもお墓は個人相手だからほとんどの店が無許可でやってる)
 ・技能士、管理技士の国家資格(なくても石工は名乗れるけど、ないと許認可とれない)
 ・全優石加盟
 ・お墓保険
 ・お墓相談員
 ・お墓ディレクター
 ・仏教墓塔研究会
・・・とにかくウチは資格や許可マニアです。


実際は世間では、営業さんや社長さんの人柄を信じてもらって仕事をとる場合も多いです。
飲み営業が得意な社長さんがいれば、「えー?」っていう工事してるお店でもけっこういい仕事(利益になる仕事)とってる。
お墓はコーヒーと違って、いいものとわるいものの区別がつきにくいんです。
できたばっかりはみんなそれなりにきれいだし、一生に一度あるかないかのことで、お客に経験値がなさすぎる。

できればお墓が傾いたりしてほしくないし、
ちゃんと教義を知って選んで文字を決めてほしいし
きれいなまんま、いつまでもあってほしいし。
そんなこだわりでお墓づくりしてるんだよ、ということを証明するには他人様にも頼らなきゃ。
・・・と思って資格マニアの道を選んでます。
でも、一番だいじなのは、お参りをたくさんしてもらえるお墓をつくること。

彩香房。
当然、「安心」を買うだけでなく、おいしさにもこだわってます。
「ここはこのへんじゃ一番だよ」同席したリピーターの人が言ってました。
そんなリピーターさんも一人や二人ではありません。
こんな近くに正統派コーヒー豆があったとは。
まだまだ私も修行が浅いです。

自然素材の環境 | 00:28:07 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
相互リンクのお誘い
雰囲気のあるお店ですね
こういう自然の中の木の建物のお店
入ってみたい

失礼ながら 夜中に
「ここの墓石いいんだ、うちのじいちゃんも言ってるよ」と
幽霊ご本人が喋ってるところを想像してしまいました^^;

ところで、弊社は田舎暮らしの物件を扱っている不動産会社なのですが。
田舎暮らし関係、または地域を紹介しているブログ運営者様に
相互リンクをしませんかとお声掛けしております。

私どもは、地域活性化も兼ねておりまして、
TwitterやFacebookなどで、田舎暮らしや地域の魅力を伝えつつアクセスを流し、
御サイトと地域のイメージアップを図っております。

もし、私どもの活動に、ご賛同いただけましたら、
こちらのページを見ていただき、
http://resort-bukken.com/page/link

相互リンクをご検討いただければと思います。
2012-10-19 金 19:09:46 | URL | 日本マウントWEB事業部 小塩 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。