■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お墓の撤去
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
今年に入ってから、お墓の撤去の依頼が続出しています。
昨年までも年に2~3件はありましたが、今年はこの5ヶ月で、既に5件来ています。
まさに月1ペースです。

撤去の理由はほとんど同じ。
仕事などでふるさとから離れた別の場所が拠点になり、今後もふるさとへ帰る予定はなく、墓の管理ができないから。
人間の行動範囲がどんどんグローバルになって、ひとつの土地に縛られなくなったことから起こる現象の、最も象徴的なことかもしれません。

撤去するにはまずお寺さんなどにお墓の魂抜き(抜魂)の法要をしてもらい、からっぽの墓石にします。
お骨をとりあげる場合は市町村に「改葬許可書」をもらいます。

今年に入って撤去依頼のあったもののほとんどは、古いお墓で骨ももう残っていない、石だけの撤去ですが、
1件だけ納骨堂に1つお骨壺があるお宅がありました。
このお宅については、小淵沢町や居住区(墓地が共同墓地なため区が管理者となる)との書類のやりとりも代行します。

好んで移住してくる人の多い八ヶ岳ですが、もともとの地元の人が離れていく例が多いのも現状。
お墓が無縁にならないように、とそのお宅なりの熟慮の結果のお墓改葬です。
新しいところでまたいい供養を続けられるのは喜ばしいことだと思います。

それでも、やっぱり「さびしい」仕事、と感じざるをえないのは、石屋の人情なんですよね。

伝統文化について考える | 23:38:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。