■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
重ね煮にハマる
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
台所リフォーム設計士のあつこさんとのコラボで、田舎暮らしの住まい・台所と食のありかたをさぐる講習会を行いました。
田舎暮らししてて何が楽しいって、やっぱりおいしいものを食べられること。
もともと食べることが大好きな私にとって、八ヶ岳のこの環境は天国です。
都会にいるときには気づかなかった、素材のうまみ。
それを最大限に引き出してくれる調理法が「重ね煮」です。

「重ね煮」は、野菜を順番に鍋に重ね、水を加えずわずかな塩のみで、蒸し煮にしたものです。
田舎暮らしをしていると、新鮮な旬の野菜がたくさん手に入ります。時にはたくさんありすぎて困ってしまうほど。それを無駄なく利用します。
野菜数種を乱切りにし、地表でとれるものから土の中でとれるものへ順番に鍋の中に重ねていきます。ほうれん草などの葉ものやゴーヤなどのアクがあまりにも強いものは不向きですが、たとえばごぼう程度のアクはかえって旨みを出し、おいしくなります。野菜を並べたら、塩をひとつまみ。水は加えません。そして、ここが大事なんですが、鍋の上に手をかざし、「おいしくなーれ、おいしくなーれ」と呪文を唱えます。こうすることで、野菜の気を受け、野菜に自分の愛情が伝わるというわけです。
重ね煮


ことことと弱火で約40分。フタがぷかぷかと浮いてきていいにおいがしてきたらできあがりです。そのままポン酢でいただいてもよし、あまったら冷蔵庫で数日間保存可能。味噌汁の具にしたり、おひたしにしたり、スパゲッティソースにしたり。忙しいときに重宝な保存食です。

野菜切りもほとんど時間がかからない切り方だし、煮込んでいる間は何もしなくてもいい。(むしろ、してはいけない)
準備ができたら、あとは出来上がるまで娘と本を読んでいればいいのです。
出来上がった野菜煮は全ての味が混在した、でもちゃんとそれぞれの味も主張した、不思議なできばえでした。そして、驚くほどおいしい。

自宅でもさっそくやってみました。
1回目の具は、トマト→ピーマン→ナス→キャベツ→ニンジン→タマネギ。鶏のもも肉ソテーの上にたっぷりかけて食べました。
2回目の具は、トマト味がけっこうきつかったのを反省し、根菜中心の野菜。ナス→ピーマン→キャベツ→ジャガイモ→ニンジン→タマネギ。ボンゴレビアンコスパゲッティの上にたっぷりかけました。

「重ね煮」は岡山の民宿を営む船越康弘さん家族が勧める、自然食の味わい方です。私は直接船越さんにお会いしたことはありませんが、こうして人づてに知り、ホームページを拝見していくうちに、不思議と会ったことがあるんじゃないかとさえ思えてきました。多分そのうちご縁があります。きっと。

考え方はシンプルです。「旬のものをとことん食べる」「野菜本来の持つ上や下へ伸びる力を利用する」「まるごと食べる」
マクロビオティックの「身土不二」「陰陽」「一物全体」と基本的には同じですが、「これはやめたほうがいい」とかいう規制はありません。肉も魚もアリです。
まぁ私が言うより船越さんのホームページを見たほうが正しいですね。
http://www.wara.jp/index2.html

最近思います。
自分の周りで、世界がどんどんつながってくる。
「世の中狭い」とよく言いますが、狭いんじゃなくて広がっていくんじゃないでしょうか。
人を通じて自分が少し成長できたことで、また次の成長とご縁が待っている。
私の場合はそのリングの接合部に「食(酒・菓子含む)」があるようです。

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

食事とからだ | 01:33:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
あまり美味しそうなので
はじめまして、こんにちは  FM八ヶ岳さんの検索をしていてたどり着きました。読んでいたら、あまりに美味しそうなのでコメントを送りたくなりました。私は環境グループで「農のいろは塾」というのを運営していて、時として山のような野菜、間引き菜をかかえて大弱り。今後この重ね煮にはお世話になりそうです。
今は別ブログからですが、そのうち野菜の方のブログ(目下お休み中)から書き込みさせていただきまーす。
2006-10-07 土 10:57:01 | URL | mukai-m [編集]
またつながりました
mukai-mさま
こんにちは。コメントありがとうございます。
旬のときは同じような野菜がそれこそ捨てたくなるほど入ってくるものですが、同じ食材ばっかり・・・と気にせず、季節のときにはその季節のものをとことん食べていいようですよ。重ね煮はシンプルなので、その後どんな味付けでも合い、とても重宝です。
貴HPを拝見しました。地域委員さんなのですね。
知ってる人のブログがいっぱい。
これも「食」のおかげでつながった、ということですね。
これからも行き来しあいましょう!
2006-10-07 土 22:46:03 | URL | やよぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。