■Twitter

石屋の現場からスタッフがつぶやいてます。

■プロフィール

やよぶ

Author:やよぶ
八ヶ岳小淵沢にある石屋 いとう石材&石あるくの妻のブログ。石の魅力、お墓について、地域情報、子育て奮闘記などをつづっています。

■ブログランキング

ランキング応援してね。 ここを押すと1票入ります↓

にほんブログ村 ライフス

タイルブログ 田舎暮らしへ FC2ブログランキング

■カテゴリー
■リンク
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大谷石の石釜パンパーティ
石屋のおかみの八ヶ岳絵日記は引っ越しました。
これからはこちらをご覧ください。
「石釜つくりたいんだけど」
と小淵沢の陶芸家兼パン屋のオーナー・こげら工房さんからお話があったのは夏頃。
古い外柵をばらした大谷石を分けてさしあげました。
奥さんがせっせと一人でつくり、「完成したのでパンやピザを焼いて試食する会をするんだけど、いらっしゃいませんか」とお誘いを受けて、今日お呼ばれしてきました。

6/10のブログで大谷石の石釜の設計案をご紹介しましたが、それとほぼ同じしくみでつくられたものです。
こげら石釜1 こげらさん自作古い大谷石の釜
石は直火に弱いものが多いのですが、こういう凝灰岩系のものは大丈夫です。
パーツの厚みをオーダーで自由に設定できる上、断熱効果も高く、一度熱した中の熱を長時間保つことができます。
なんといっても見た目が本格派っぽい。
レンガより断然お勧めです。
それにしてもこんな大きいの、よく女性一人で作りましたね~。
ゴリッパ!

こげらさんの石釜は、釜の中に直接薪を入れ、2~3時間焚いて釜の中を熱したあと、薪を取り出し、料理を入れる。
一番基本的なやり方でした。
こげら石釜2


こげらさんちの石釜は古い、形のそろってない大谷石をつかったので製作で組む際には相当苦労されたよう。
隙間があくのでセメントを塗りたくり、陶器のかけらをかませたりするなど工夫のあとが見られます。
だからこそ非常に味わいのある風合いと、何年も使い込んだような風格が出ていました。

こういう釜で焼いたパンやピザは、どうしてこんなに素朴でおいしいのでしょうか。
こげら石釜3 鶏肉のホイル焼き
これはやはりウチでもつくるしかない!
そして上手くいけば石釜キットをつくって販売だ!
その折はどうぞごひいきに。

石のある暮らし | 00:28:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。